白衣の下は何を着る?白衣にネクタイはもう古い!?

白衣と聴診器

医師といえば、白衣の下がワイシャツにネクタイという定番のイメージがあると言われています。

しかし患者としては、そのような医師の服装は、どこか近寄りがたいものがあります。

最近では、親しみ感を出すためにTシャツなどカジュアルスタイルの医師もいるようです。

そこで今回は、実際にどんなものを着用してる!?白衣の下に着る服についてご紹介します。

 

清潔感のある服装が望ましい

医療従事者イメージ

最近、白衣の下にTシャツやスクラブというカジュアルスタイルで親しみ感のある服装の医師を見かけます。

医師といえば、白衣にワイシャツとネクタイが定番なスタイル。

白衣の下に着る服に関してはいろいろな意見があるようですが共通していえることが「清潔であること」のようです。

また、白衣の下はどんな服装が望ましいかの質問に約過半数の医師が「清潔感があれば何でもよい」という結果もあるようです。

何を着るかではなく、清潔感があるかないかで着るものを決める医師が多いようです。

 

年齢層によって印象が違います

Doctors have a conference with medical office

最近では、白衣の下にスクラブやケーシーなど着る医師も多いようです。

患者さんの年齢でも意見はさまざまのようです。

たとえば、年配の患者さんからは、白衣にワイシャツ、ネクタイスタイルは信頼感や威厳を感じるのでよいと好まれます。

それに対し若い患者さんからは、白衣にスクラブが親しみやすく好まれるようです。

このように患者さんの年齢層によって使い分けをするのもよいかもしれません。

このほか、患者さんとの距離が近い内科のクリニックなどは、親しみやすい服装が好まれるかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、白衣の下に着る服装についてご紹介しました。

患者さんの年齢層に合わせるのもよいですが、自分の年齢や立場を考慮して白衣の下に着るものをえらぶのもよいかもしれません。

最近では、服装も多様化しています。

医師もTPOに合わせた服装が求められているかもしれません。

しかし共通していえるのは清潔感です。

清潔感のある服装は忘れないようにしましょう。

関連記事