子供を医師に!親のあり方とは

門出を祝う

親として子供を医者にしたいと思う事は、事情が許せばそうしたいという場合と、跡継ぎのため必須というご家庭もあることでしょう。
どのようにすれば、子供を医者にするというのが叶うのか、親のあり方について考えていきます。

 

医者の素晴らしさを見せる

Little child at pediatrician reception

子供を医師にしたい場合、まずは、幼いうちから、医者というものが素晴らしいという絶対的な価値を子供に持たせる事が大事です。

医者として一人前になる為には、医学部を突破した上に、卒業をし医師免許を取得して、数年の研修も終えなくてはいけません。

厳しい道のりを乗り越える為には、本人が医者になりたいという強い意思が必須とも言えるでしょう。

従って親が医者の場合は親の立派な背中を見せ続ける事、身内に医者がいない場合は、本人が好きなお医者様に通うなどして、医者が素晴らしい仕事だという事を、身近な親が本人に心から思わせるよう行動する事が大切です。

 

医師を目指せる環境を与える

勉強をする中学生

子供を医師にするには、医師になるための医学部に合格することが最重要となるため、教育環境を整えることは必須です。

早いうちから医学部合格へのカリキュラムの整った教育をしてくれる場所に子供を置くという事がとても大切です。

実績のある学校は、たいてい人気のある難関校となりますので、小学校受験、あるいは中学校受験の必要も出てくると思われます。

医学部を目指すなら、できるだけ中高一貫校を目指すと良いとも言われています。

なぜならば、高校受験の必要がないため、6年かけて大学受験に向けての対策が可能です。

高校からですと、その半分になってしまいますからね。

幼い我が子を合格させるためには親の助けが必要ですので、夫婦で連携して頑張っていく固い意思も大切です。

医学部合格の実績のみならず、英語などの語学教育、広い視点から物事をとらえられるような体験学習などをしておくことも良いでしょう。

子供がどんな医者になって欲しいか、その学校は我が子に合った学校なのか等、選択する確かな目も大切です。

子供を第一に考えて親がサポートしてあげましょう。

 

我が子を医師にするなら親も覚悟を持とう

娘と両親

我が子を医師にするには、その道が平坦ではなく厳しい道になることが多いでしょう。

その為、親にも相当の負担がかかることは必至です。

経済的な負担のみならず、子供をサポートしていく時間的、精神的負担もかかることを覚悟して、その夢を実現していただきたいです。

関連記事