子供を医師に!英語教育が鍵を握る?いつからどう始めればいいの?

アルファベット

 

医師の世界では文献が英語である事も多いため、医師になるにも、医師として成功していくにも英語教育が鍵を握っているといえます。

そこで、いつからどのような方法で英語を始めればいいのかを考えてみます。

耳を鍛えるのは早いうちがおすすめ

A child studying English

英語を使いこなせるようになるためには、ネイティブの話す本格的な発音の速度の速い英語を聞き取って、瞬時に理解する能力が必要です。

英語の例えばrとlのような微妙な発音を聞き取れるようになるのは、耳を作っていく必要があり、絶対音感は3歳まででないと作られないのと似ていて、やはり早ければ早い方がいいといえます。

とはいえ三歳未満の子供に英語を教えるのは大変なので、英語だと構えるのではなく普段聞く音楽に聞き取りやすい英語の歌を加える、あるいは普段見ているTVに英語のビデを混ぜてみるなど、楽しみながら出来て、親にも負担のない方法がおすすめです。

 

早期の英語教育はとにかく楽しく
英会話

三歳ごろまでは、日本語もまだ使いこなせない時期なので、日本語も英語もと欲張りすぎると、日本語の発達にも影響が出てしまうことがあります。

なので、英語は楽しいものだという意識を持ってもらうくらいの意識で、踊りや歌と一緒にゲーム感覚で英語を学ぶのがおすすめです。

医師の子供だと、小学校受験も視野に入ってくる場合もあるので何かといそがいですよね。ですが本物の外国人とコミニュケーションを持つという事が大事なので、英会話に通うのが大変な場合は自宅のパソコンでスカイプの英会話を余裕のある時に行うのも、手軽ながら効果のある選択肢の一つとして考えてみるのもいいでしょう。

 

おわりに

医師に欠かせない英語を抵抗なく得意と思えるようにするためには、やはりできるだけ早いうちから耳を鍛え、小さいうちから英語に触れて、自然と英語を習得している様な状態に持って行けることが理想です。

ご家庭にあった方法を考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事