子供も医師に!医師になるまでの教育費用とは?

電卓を持つ白衣の女性

医師という仕事をしてほしい、後を継いで欲しいという理由から、子供も医師にしたいという医師も多くいることでしょう。

そこでやはり気になるのは、子供も医師にするにはいったいどのくらいの教育費用がかかるかということでしょう。

国公立大学と私立大学の場合に分けて、子供を医師にするための教育費を探ってみましょう。

 

国公立の大学の場合

東京大学構内 桜の風景

国公立大学の医学部に合格することができた場合、入学金は別として学費は年間55万円程度に抑えることができます。

医学部は6年間ですので6年払っても全部で350万円程度と、私立大学4年間の学費よりも安い金額で医学部に通うことができます。

勤務医などで医師としては普通のご家庭では、国公立の医学部に入ってくれると助かりますよね。

ただし、そのためには国公立大学に入るための対策に教育費がかかる場合がほとんどです。

一般的には、医師を目指す為には医学部に強い私立中学に入れる場合が多いです。

小学3~4年生で中学受験のために塾を通わす場合、年間平均100万×3年間、そして私立中学・高校の6年間の学費が平均で650万円ほど、医学部受験のために予備校や家庭教師をプラスするとその教育費もかかります。

中学から私立という選択をした場合は国公立の医学部でもトータルで教育費が1300万プラス塾や家庭教師代がかかる覚悟が必要です。

 

私立大学の場合

慶応大学

私立大学の医学部の場合は大学によって学費は様々なのですが、国公立の医学部に比べるとその学費は格段に高くなってしまいます。

全国で医学部のある私立大学は現在29校にとどまります。

その平均額はなんと6年間で約3300万円にも及びます。

実に国公立の医学部の10倍ほどになっています。

大学1年あたりの学費が単純計算で3300÷6で550万円ですので、生活費も入れると大学時代の医学部の子供一人に1年で600万円以上かかってしまうことになります。

開業医など年収の多い医師でも、教育費用として貯金をしておくべきでしょう。

さらに私大の医学部も国公立と同じく小さいころからの対策が必要なので、3300万円にその額を足すと実に4500万円近くというすごい金額になってしまいます。

子供も医師にする場合は、計画的に教育費用を貯めておくことをおすすめいたします。

 

おわりに

子供も医師にするの為には、小さい頃からの準備が必要です。

その為には、通常の教育資金よりも多額の費用がかかります。

子供を医師にしたいのであれば、いつから対策を開始するのか、教育資金の為の計画を立てておきましょう。

 

 

関連記事