夏休みは取れている!?医師の夏休みの過ごし方

リラックスする白衣の男性

医師は、忙しく夏休み取るのが難しいイメージがあります。

ですが、労働規定などもあり休み年間の休日は定められています。

忙しい中で休みが取れるように工夫をしている医師も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、医師の夏休みの過ごし方についてご紹介いたします。

 

夏休みはどのようにして過ごすか?

fotolia_199236422_subscription_monthly_m

医師の夏休みの過ごし方でもっとも多いのは、

  • 国内旅行
  • 自宅でゆっくり過ごす
  • 特になし

特になしについで、帰省や海外旅行、日帰り旅行などが目立ちました。

普段の生活を忙しく過ごしている医師にとって夏休みは、リフレッシュや日頃の疲れを癒やし、体を休める時間として使う医師も多いようです。

また、国内旅行や家でのんびり過ごす理由として、在宅医療や連休を取るのが難しいという医師の事情もあるようです。

日帰り旅行と同じくらい海外旅行へ行くという意見もあります。

また、家族がいる医師の場合は、子供の勉強のサポート、子供との時間を大切にするという意見もあります。

 

夏休みはどのくらい取得する?

旅行 準備

取得日数は、何日が多いのでしょうか?

  • 5日〜6日
  • 3日〜4日
  • 7日〜9日

他には0日という医師は、10%弱いるようです。

このように、勤務環境や病院の事情などで夏休みの取得にばらつきが見られます。

ですが、医師の数が確保されているクリニックでは他の医師と協力してまとまった休みが取れるように工夫している医師も多いようです。

開業医の場合は、他のクリニックと連携する、医師の派遣を頼むなど夏休みを取るための工夫が必要かもしれません。

また、夏休みを取得する時期は、8月、9月、10月以降が多いようです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、医師の夏休みの過ごし方についてご紹介しました。

中には、長くまとまった休みが取れないので数回に分けて取得する場合もあるようです。

開業医の場合は、クリニックの経営方針や地域、科目などによって夏休みを取るのが難しい場合もあるようです。

ですが、リフレッシュや疲れを取る時間は必要です。

夏休みを取る工夫をするのも必要かもしれません。

関連記事