開業医でも休みをとって旅行に行けるのか?

9d195ab75142a2729d0cd6ae338268f0_m

開業医になると長期の休みは取れないというイメージはありませんか?

実は、

開業医になったら毎年、家族旅行へ行けるようになった!

4日休みと仕事をしたくなる!

など長期の休みを取っている開業医の先生もいます。

そこで今回は、開業医でも休みをとって旅行に行けるのか?についてご紹介いたします。

 

開業医の休み事情について

クリニックは、一般的に日曜日と祭日が休診というケースが多いようです。

最近では、日曜日と祭日にプラスして水曜日や木曜日など平日に1日休診にするクリニックも増えているようです。

夏休みや冬休みの場合は、休診に臨時休診を組み合わせるのが一般的のようです。

長期休暇の場合は、平均5〜6日で過ごし方は、国内旅行へいくケースも多く、次に自宅でゆっくり過ごす、帰省するなど過ごし方はさまざまです。

中には、リフレッシュするため海外旅行へ行くという開業医の先生もいます。

 

休みを取るためにどんな工夫をしているのか?

旅行へ行っている開業医の先生は、休みをとって旅行へ行くために工夫をしています。

たとえば、患者さんの多い月や多い日などを分析して年間計画を立て休みの日を決め、経営の負担にならないように調整をする。

他にも交代制で休みをとれるようにフリーランスの先生を事前に確保する。

近郊のクリニックと連携をとるなど休みをとっても患者さんの負担にならないように工夫しています。

 

休みをとるポイントは?

開業医が旅行へ行くためのポイントは3つです。

  • 事前に告知をする。
  • 計画を立てる。
  • 近隣のクリニックと連携する。

冬休みや夏休みなど臨時休診は、余裕をもって事前に告知をしましょう。

また、前もって近隣のクリニックと連携をするなど対策をとると、患者さんも安心します。

クレーム対策としても大切です。

休みを年間単位で計画すると経営の負担を最小限にする工夫ができます。

ですから休みは、予算と一緒に立てるのがおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、開業医でも休みをとって旅行に行けるのか?についてご紹介しました。

スタッフのためにも休みを取れるように工夫するのも経営者の仕事かもしれません。

関連記事