医師こそ不動産投資をしよう!その理由とは?

不動産投資

最近一般の人でも始める人が多いと聞く不動産投資ですが、医師こそ不動産投資をしたほうがいいと良く耳にします。

何故そのように言われているのか理由を見ていきましょう。

 

多額におさめている税金の対策が出来る

税金対策

医師は一般的に収入が高い場合が多いので、他の会社員よりも高い税金を払っていることになります。

例えば年収1600万円で子供がいない場合は税額なんと約320万円にもなるそうです。

その税金が少しでも抑えられると嬉しいですよね。

不動産投資を行うと、購入した物件を貸し出した時に得られる家賃収入から物件の減価償却費、管理費、修繕費、物件を管理するための交通費、宿泊費、などの雑費を経費として引くことが出来ます。

色々なものが経費となるので家賃収入に対してマイナスになった分を給与所得から引くことが出来、引いたうえでの所得に税金がかかるようになります。

そうすることで所得税・住民税の両方の税金が安くなるため、差額を税金の還付金として受け取れるようになります。

その額は意外に数十万にもなるという事です。

大きな額ですよね。

 

投資以外にも相乗効果も考えられる

Delighted cheerful doctor sitting together with her patient

一般の人の場合、投資用物件は貸すことでしか利益は得られませんが、医師であるからこそ物件をあらかじめ選んで買っておけばご自身が開業する際の場所として使うことが出来ます。

また同じ様に貸し出す場合でも高齢者向けに回診などのサービスをつけて、他の物件と差別化して高く貸すことも出来ます。

また不動産投資は管理などを業者に委託できるため、ほとんど時間を取られることもなく副業が出来ます。

同じ投資でもFXや株式投資の場合では時間もとられますし安定性が低いです。

時間を取られず副業で収入を得られることで、大変な医者という本業にも心のゆとりができることがいい結果につながることも多いと思われます。

 

おわりに

今流行の不動産投資ですが、収入の高い医師には節税効果が高く、他の投資に比べてもリスクが少ない事が解りました。

ただ物件を選ぶ際には、いざという時に開業出来る場所、借り手が途絶えない場所など、きちんと見極める目も大切にして、一度不動産投資を考えてみてはいかがでしょうか?

関連記事