あなたにぴったりな診療科は?タイプ別診療科紹介

タイプ

人のタイプは千差万別ですが、ドクターのタイプ別で診療科目の向き、不向きがあることはご存知でしょうか?代表的な例では体育会系は外科、理論派は内科が向いていると言われています。

 

体育会系は外科で理論派は内科?タイプ別診療科目

タイプ

なんでもこなすオールマイティーなドクターほど悩むのが「どの診療科目で開業するのか?」という点でしょう。

また、日頃の業務に疲れを感じてしまうと、ふと「そもそも現在の診療科は自分にマッチしているのだろうか?」と疑問を持ってしまうこともあるかもしれませんね。

診療科目には、性格などのタイプによって向き、不向きがあります。

外科は体育会系で物事にガンガン体当たりするアグレッシブなタイプの人が多く、対極的に内科は理論的で物事をしっかり考えて動く慎重な性格の人が多数になる傾向があります。

また、穏やかなタイプで、穏やかな性格が顔つきにまで滲み出ているような人は小児科や産婦人科が向いています。

周囲から「ちょっと変わり者だね」と言われてしまう人は、不思議と麻酔科へと進むことが多いそうです。

デリケートな部分にタッチすることが多い泌尿器科は、意外にも明るい性格のドクターが多く、時には下ネタを織り交ぜながら笑いを誘うことができる人に最適です。

どの診療科目を自分の専門として開業するのかはドクターそれぞれの判断ですが、今一度、自分自身のタイプを客観的に見直してみるのも良いですね。

 

お酒に強い人は外科、声がソフトなら産婦人科?

パズル

ここまでは主に『性格』に焦点を当てたタイプ別の診療科目でしたが、少し面白いところでタイプ別の診療科目を見ていきましょう。

 

まず、お酒に強い人は外科が向いています。

お酒が強い人は明るく賑やかな性格である場合が多く「外科=体育会系」というイメージと結びつくところがありますね。

 

声がソフトな人は産婦人科が向いているそうです。

確かに、女性のデリケートな部分をメインに診療するのが産婦人科ですから、野太い声で説明されるよりもソフトな声で説明してもらったほうが安心できますね。

 

人の性格や特徴は千差万別ですが、ドクターの診療科目は、必要な業務や心構えなどによってタイプ別の向き、不向きがあるようです。

自分自身にぴったりの診療科目で開業できれば最高ですが、タイプが違うからその診療科目に不向きだと切り捨てる必要は決してありません

担当する診療科目によってはドクター自身が生まれ持った性格とは別に「そうならざるを得ない」といった側面があるのです。

自分にぴったりだと感じたドクターは自信を持って、「自分には合っていない?」と感じたドクターは診療科目ごとのイメージに合わせたキャラクターを演じることから始めみましょう。

関連記事