勤務医から開業医になるための意識改革

勤務医

勤務医で頑張ってきて独立し、開業医になると勤務医の時との業務の違い戸惑ってしまうことがあり悩んでしまうこともあります。

開業医になると決めたら早く意識革命し開業と同時に意識を変えて素敵にスタートしましょう!

 

勤務医と開業医の違い

勤務医と開業医違い

勤務医と開業医の最も多いな違いとしては「働き方の違い」ではないでしょうか。

患者の診察をこなしていた勤務医の時は決められたルールの中にいますので、開業医になると診療方針を自分で決めることが出来るので自由にはなりますが、責任もすべて大きいです。

そして決められたお給料だった勤務医の時とは違い開業医は勤務医の時より収入が増える人もいれば少なくなる人もいます。

 

開業医になると決めたなら診療方針も収入もとことん悩みいろんなことにチャレンジすることが成功のポイントになります。

成功した人は常に新しいことを考えたり信念をしっかりと持っているので意識を変えて自分もクリニックも成長させましょう。

 

サポートやアドバイスをしっかり聞こう

Doctor and salesman of pharmaceutical company are shaking hands

開業すると経営していくわけですから当然リスクについて考えてしまいます。

借金して開業するとなおさらですよね。

誰かがお金をサポートしてくれるわけありませんので失敗すると廃業しかないのです。

ですが開業医にはたくさんのサポートがあります。

ですのでサポートやアドバイスを受けたり、医師仲間のアイデアを聞いたり、患者自身の意見を取り入れたりしてどんどん成長させましょう。

ただ、一点注意しておきたいのは開業医のためにあるサポート業者

資金がない、知識がない、忙しいからと任せていると失敗したり後悔することも!

あくまでもサポートですので、頼りすぎないようにしましょうね。

 

自身がいつまで勤務医でいれるか

A geriatric doctor who consults a patient

勤務医と開業医で悩む前に考えてみましょう。

あなた自身はいつまで勤務医でいることができますか?

 

医者として今の診療方針に満足していますか、またなぜ開業医になりたいと思ったのですか。

これを考えたときに「開業医は自由で儲かるから」そう思っているならきっと現実は厳しいので勤務医のほうが良かったと後悔します。

開業医としてやっていくと決めた信念を大切に気持ちを切り替えて、しっかりとした意思があるなら開業医の困難も乗り越えていけます。

 

まとめ

いかがでしたか。

勤務医と開業医の意識革命は大変ですが、新しいことへのチャレンジ精神やしっかりとした信念があれば意識革命して乗り越えていけるでしょう。

 

関連記事