患者が集まる!クリニック名の付け方

Patients In Doctors Waiting Room

クリニックを開業するのに悩むのは、看板であるクリニック名ではないでしょうか。

開業したらずっと使い続ける名前だけにインパクトや個性も欲しいが親しみのある名前にしたいと考えますよね。

今回はそんな重要な看板であるクリニック名のつけ方について見ていきましょう!

 

名前はどうつけている?

clinic-name

みなさんクリニックの名前はどう付けているのでしょうか。

よく目にするのは初めに

・先生の名字

・地名

・県名

・○○公園・○○駅前・○○橋など有名地理

を入れて印象ある名前にすることが多いですね。

また漢字だけではなくひらがなやカタカナなどに変えて覚えやすくするのも良いですね。

 

そして看板を見ただけで分かるように内科・小児科など診療科目を入れると印象に残ります。

新しくクリニックが出来ても「近くに内科ができた」「近くに歯医者が出来た」など診療科目で覚えていることが多いため何を専門に見ているのかを名前に入れておくと新規の患者さんも訪れやすくなります。

 

医院?診療所?クリニック?

クリニック名

名前の最後につける医院や診療所、クリニックなどはどのようにつけているのでしょうか。

少し前までは医院や診療所と名前をつけていることが多かったのですが、最近ではクリニックと名づけしているところが多い印象がありますよね。

これは好みなので決めるのも良いのですが、近くにある診療所とかぶりにくいことや読みやすい名前など印象から決めるとしっくりくるのではないでしょうか。

 

「ネット検索しやすさ」が重要である

Sick woman feeling bad, resting and working with her laptop and internet in her bed at home.

最近では何を調べるにもインターネットで検索する時代です。

引っ越してきたばかりや症状が出てかかりつけの病院がなくて探す場合にインターネット検索で近くの病院を探すことが多くなったため、新規の患者さんを掴むポイントとしては「検索しやすさ」がとても重要になってきました。

例えば読みにくい名前を漢字にしていると分かりづらいので読みやすい名前にしておく、ネット検索しやすい名前にしておく、そして近くの診療所と分かりにくいと勘違いしてしまうこともあるので、名前はかぶらないようにしておくことが大事です。

 

また女性や子供が患者の場合女性の先生に診てもらいたい!と探すこともあるので、クリニック名に「名字+名前小児科クリニック」「名前+こどもクリニック」としておくのも印象が良くなります。

 

まとめ

image4

クリニックの名前は印象つけたり、新規の患者さんが訪れやすくするために実はとても重要なのです。

特に最近ではインターネットで検索する時代ですから、他のクリニックとかぶらないようにしたり、クリニック名で印象つけておかないといけません。

ぜひ参考に素敵な名前を付けてくださいね。

関連記事