電子カルテを導入する時に知っておきたいポイント

医者 ミドル タブレット

開業する時に電子カルテの導入を検討する方は多いかもしれません。

電子カルテは、業務効率をあげる、無駄なスペースは省くだけでなく受付と会計の効率もアップするといわれています。

そこで今回は、電子カルテを導入する時のポイントを5つご紹介します。

 

ポイント1.操作について

Female doctors and nurses are looking at the screen of a personal computer

電子カルテ導入の目的の一番は「業務の効率を上げる」という方が多いのではないでしょうか?

しかし、実際に使う人が使い勝手が悪いと感じたら非効率にもなりかねません。

導入する前には、試運転を行うことをおすすめします。

特に会計機能は、導入の決定権がある医師が見落としやすい部分です。

ですから会計機能の操作は、現場の意見をしっかり聞きましょう。

 

ポイント2.サポートについて

デスクワーク・医師

導入時の設定などの技術的なサポートや導入後のサポートする仕組みが整っているかが重要です。

たとえば、予期せぬ事故でシステムが止まってしまった場合、すぐにコールセンターへ連絡できると安心です。

また、サポート拠点が近くにあるとより安心感があります。

サポートが充実しているかどうかも確認しましょう。

 

ポイント3.実績について

Modern Hospital - Innovation Futuristic Clinic, Information Technology Integration Concept.  Smart Health Care integrate IoT, AI, big data, cloud, Robotic. Intellectual computing medical help.

導入実績が多いほど評価は高いかもしれません。

しかし導入の目的や環境が違う導入実績では参考になりません。

特に安定したシステムである必要があるので導入する環境と目的が近い実績例を調べる、実際に見学へ行くのをおすすめします。

たとえば、事前に導入の目的や環境が近いクリニックを紹介してもらって話を直接聞いて参考にするのも良いかもしれません。

 

ポイント4.機能について

Young female receptionist holding tablet computer in hospital

電子カルテの一般的機能は5つです。

受付機能、カルテ入力機能、会計機能、連携機能、表示機能です。

特に他のシステムとの連携や将来的に必要になる可能性があるシステムとの連携についても考慮した上で検討する必要があります。

また、会計機能は地方公費や自賠責などの対応や必要なデータの出力が可能かどうかも確認しましょう。

この機能は、今後の医院運営に必要になるのでしっかり調べましょう。

 

ポイント5.価格について

女医・電卓

電子カルテを導入する際にかかる費用は、一般的に440万円くらいといわれています。

運用サポートの費用なども含めると500万円くらいを目安にご検討ください。

より専門性の高い電子カルテを導入したいという場合はこれ以上高くかかることも多いようです。

参考までに開業前の電子カルテの予算として、500万円程度で予算を組む方が多いようです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、電子カルテを導入する時に知っておきたいポイントを5つご紹介しました。

賢く将来性を見据えた上で導入を検討してください。

関連記事