地方は医師不足?なぜ開業医が増えない?

Busy Nurse's Station In Modern Hospital

医師不足が問題とされている昨今ですが、地方ではその問題がより深刻であると聞きます。

なぜ地方で医師不足や開業医不足が起きているのかについて見ていきます。

 

地方で医師不足が起きる理由

Doctors who are working in the medical office

医師になる為には、医学部に合格して、医学部にきちんと通い卒業したうえで、国家資格の医師免許を取得して、さらに研修を受ける必要があります。

その医師になるために長い道のりの中にも地方で医師が不足してしまう理由があります。

まず、大学の医学部に合格する事も他の学部より難しいですので大変なことなのですが、生まれ育った場所の医学部は無理そうだという場合は、地方にまで選択肢を広げることになります。

この時点では医師の卵は全国に散らばっているので、問題はその後にあります。

 

2004年に「新医師臨床研修制度」が始まり、新卒者の臨床研修が必修になりました。

その改正で臨床研修が必修となったと共に研修先が自分で選べるようになったため、大変な研修は少しでも待遇のいいところでしたいと、地方の医学部にいた学生が都市部に戻ってしまうきっかけを作ってしまったのです。

これが地方の医師不足の大きな原因と言われています。

 

地方で開業医が増えないわけ

走る医者と看護師

研修で都市部に帰って行ってしまった学生は、よほどのことがなければ、出身大学の地域に戻って開業することや、地縁のない地方で開業しようとはしないはずです。

また、そもそも医学部に入る学生が大都市出身の人が多いという実状もあります。

都市部の名門中高一貫校で教育にお金をかけてもらった人の方が医学部に入りやすいという実状も地方との格差がでてくる要因とも考えられます。

また、地方は既に医師不足の為、都市部よりハードな労働環境も開業医が増えない要因と言われています。

医師が少ないからこそ、急患対応をしないといけないことや診察後の事務処理等で毎日休む暇がない状況が

続くと言われています。

その他にも診療報酬の改定や医師の在院日数の見直し等により、ハードな診療科が縮小や廃業に追い込まれているようです。

その為、地方で医師として働きたい方への救済措置が必要になってきています。

最近では、医師不足の地方によっては、医師不足解消の為の対策を行っている地域もあります。

 

おわりに

近くにいざという時に診ていただける医師がいないということは不安ですし、大きな問題です。

国として研修制度で病院を選択する条件の見直しや医学部進学者の実情から医学部試験のあり方をも検討して、地方の医師不足を解消する取り組みを早急にしてもらいたいものですね。

 

 

関連記事