開業医と勤務医年収の差はどれ位?

聴診器とハートマークと一万円札

医師であれば、一度は開業をすることを考えるのではないでしょうか。

そこで一番気になるのは年収ですよね。

開業医と勤務医の年収の差はどのくらいあるのでしょうか。

検証してみましょう。

 

開業医と勤務医の年収

驚いた表情の医師

厚生労働省の調査によると、病院勤務医の平均年収は1479万。

では、開業医と比べるとどうなのでしょうか?

開業医は来てくださる患者の数や雇っているスタッフの数、クリニックの場所や広さなどで、年収は本当に人それぞれになってくるとは思いますが、開業医の平均年収は2500万円ほどといわれています。

なんと、勤務医の1.7倍ほどになるそうです。

病院勤務と比べるとやはり『おいしく』感じますよね。

 

開業医と勤務医の年収の差をどうみるか?

Young female doctor daydreaming while looking through the window

開業医の収入が高いのにはやはり理由があります。

自分でクリニックを経営しているので、医師としての仕事と、経営者としての仕事の両方をすることになります。色々なことを一人で背負って考えなくてはいけないので大変です。

その代わり、診療時間や診療日は自分で決められるといういい面もあります。

 

勤務医は急患などがある場合、時間外でも対応しなくてはいけないので、休みなどを犠牲にしなくてはいけない面があります。

しかし、勤務医は病院に雇われているので、経営の事を考える必要もなく医者として仕事に全力を注げます。

また、大学病院などでは好きな研究を行うこともできるので、自分の求める医療を追及することできるという良い面もあります。

そのような仕事や勤務時間の違いに対して、平均1.7倍の年収の差が出て来るようです。

どちらが魅力的に感じるでしょうか?

 

おわりに

開業医は勤務医に比べてやはり年収は高いことがわかりました。

ただ、開業医と勤務医では同じ医者でも勤務内容や責任が変わってきます。

何を取って何をあきらめるのか、きちんと考えてどちらを選ぶのかが大切です。

 

 

関連記事