内科を開業したい。内科のリアル年収とは?

smiling doctor holding listening to piggy bank with stethoscope

医師として活躍している方の憧れの一つが、開業医として活躍することになりますが、開業した後の年収を考えて、尻込みしてしまう方も少なくないようです。

一般的に、医者という職種はお給料が高いイメージが先行しますが、病院勤務医や開業(法人)、開業(個人)などの形態によって年収も大きく変わってきてしまいます。

 

それでは、内科を開業した場合、そのリアルな年収とはどの程度なのでしょうか?

 

内科医の年収は年代で変わる?

leading doctor of the medical center peers.

内科医の年収に関しては、平均としては約1,350万円と言われています。

しかし、一般的なサラリーマンなどの職業と同じように、年齢とともに変動していくようです。

具体的には、20代で840~1200万円程度、30代では1200万前後、40代~1800万円程度というように、大きく変わっていきます。

やはり20代は研修医として過ごすことが多いため、年収は上がりづらいようです。

また、勤務医の平均年収が1200万円と言われている中、開業医ではおおよそ2500万円という年収になり、年代だけではなく、勤務医と開業医によっても、年収に大きな差が出てくるようです。

ただし、開業医の年収は医師の手腕によるところが大きいため、一概に勤務医よりも稼げるとは言えません。

 

年収を上げるために開業するリスクはある?

悩む女医

勤務医として内科を担当していた医師の方であれば、一国一城の主でもあり、年収が大きく変動する開業医は、一種の夢や憧れのようなものになります。

 

しかし、開業するにはリスクがあるものなのでしょうか?

その答えは「イエス」です。

開業医として活躍するからには、医師としての腕だけでなく、一般的な企業と同じく、経営者としてのスキルも問われるものです。

 

勤務医として働いている場合は、基本的に経営部分に携わることがなく、患者さんを見ることに集中することができる環境が整っていますが、開業医ともなると患者さんだけに集中することはできないという事態に陥ることも少なくないようです。

先輩開業医は、この点をしっかりと理解した上で開業し、経営と医師としての職務を果たしているケースが多く見受けられます。

 

まとめ

開業医の年収は勤務医と比較すると圧倒的な差が生まれるようですが、その分、リスクもあることが分かります。

開業医としての年収は非常に魅力的ではありますが、収入は医師としての腕と経営力という部分にかかっていると言えるでしょう。

関連記事