医局を退局する際に知っておくべきポイント

医療イメージ―安心・安全サポート

医局を退局するときは、だれでも円満に穏やかに退局したいと願います。

すこしでも円満にスムースに退局するために知っておきたいポイントを3つご紹介します。

ぜひ、参考にしてください。

 

しっかりした手順で辞めよう!

senior doctor talking to male patient at hospital

どんな仕事でも円満に辞めるには、辞めるまでの段取りがしっかり整っていることが大切です。

特に医師の場合は、引き継ぎ業務がスムースでないと問題が起こる場合があります。

たとえば、辞めると決意し家族などの了解も得ていた場合は、なるべく早く退局する旨を伝えましょう。

一般的には、半年前から1年前が理想といわれています。

また、退局までのスケジュールは、自ら率先して計画を立て進めていくようにしましょう。

わからない点などは、退局の経験者などからアドバイスをもらうとよいかもしれません。

また、引き継ぎした医師が退局後も困らないように定期的に連絡をしてフォローするとよいでしょう。

引き継ぎがスムースで退局後のフォローも十分だと将来的にも良い関係でいられるのでしっかり行いましょう。

 

退局の理由は明確にする!

Doctors shaking hands to each other finishing up medical meeting

退局の際に注意が必要なのが退局の理由が明確であることです。

しっかりとした退局の理由がなければ教授を説得できません

また、まわりに不信感を与える場合もあります。

ご注意ください。

教授への説得が難しい場合は、具体的な行き先や転職先との契約を済ませてから話をすると良いかもしれません。

決意の強さが伝わります。

 

退局のタイミングは考えましょう!

Three young nurses stand with cups of coffee and folder in hands and discuss about something with surprise during coffee break, outdoors

退局を決めた際には、まず医局内の情報を集める、根回しをするなどして準備を進めましょう。

たとえば、3月の年度末や4月の人事異動などがあるタイミングで退局を考えているならば、計画は少なくとも3カ月前から進みます。

ですから計画を立てる前の12月ごろに最低でも退局を伝えましょう。

このほかにも、退局を希望している人や退局を伝えた人などがいないかという情報も必要です。

しっかり情報はキャッチしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、医局を退局するときに知っておくべきポイントをご紹介しました。

退局を伝えて引き止められないために金曜日や連休前に伝えるという人も多いようですよ。

円満に退局できるよう事前準備をしっかり行いましょう。

関連記事