どの診療科での開業が多い?医師数から見える開業医診療科の実態

医療 カルテと注射器

将来、開業をすることを考えて医師を目指す場合に悩むのが診療科ではないでしょうか?

一般的に開業で多い診療科は、内科といわれていますが実際はどうでしょうか?

ということで今回は、開業医診療科にいついてご紹介します。

 

開業を希望する診療科で一番多いのは?

医療イメージ

開業する中で一番多い診療科は、内科です。

ついで整形外科、精神科と続くようです。

また、眼科や小児科、皮膚科も多いようです。

ちなみに医師数が一番多いのも内科です。

厚生労働省の調べによると内科医は7万人と全体の約3割で最も多く、ついで外科医と整形外科医2万人という結果もあるようです。

需要も多く競合の多い内科で開業をする場合は、専門性に特化することで差別化ができるかもしれません。

差別化をするためには、自分の強みや弱みを把握して筋の通ったコンセプトを考える必要があるといえるかもしれません。

 

人気や需要性が高いのも内科です!

医療 小物

将来的に必要性が高い診療科や、現開業医がオススメする診療科も内科という結果もあります。

内科は、人気も高く需要性もあるということがわかります。

ついで総合診療科や整形外科、リハビリテーション科などがあります。

内科は、予防医学や薬剤発展の影響もありこれからも需要も期待ができると言われています。

また、高齢化社会に向けて慢性疾患の患者さんが増える傾向にあるためますます需要が高まると見ている方も多いようです。

それに対し小児科は、子供の減少やアレルギー体質の子供が増えたこと、親の要望が多いことなどから開業を敬遠する声も多いようです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、開業医診療科についてご紹介しました。

診断が中心で全ての疾患に基礎となる内科は、需要も多くつぶしがきくことで開業医を目指すのに最適な診療科といえるかもしれません。

しかし、目指す人も多く開業医になっても経営が厳しくなる可能性も高いです。

勝ち医者として成功するためにも分析を行いしっかりとしたコンセプトをもってクリニックを開業する必要があるかもしれません。

 

関連記事