クリニック開業時の運転資金はどれくらい必要?

フィナンシャルプランナーに相談

クリニックを開業するには、とにかくお金が掛かるという印象がありますが、開業後の運転資金には一体どのくらい必要なのでしょうか?

一説では戸建ての開業資金は一億円!

テナントの開業でもその半分の5千万円!と言われていますが本当なのでしょうか?

早速見ていきましょう。

 

クリニック開業時の運転資金

医療費イメージ

開業時には建物を準備する費用、開業船団費用などの「初期費用」に加えて、開業したクリニックを運営するのにかかるランニングコストとも呼ばれる、テナントの家賃や戸建てのローンや固定資産税、スタッフの人件費、光熱代、備品や薬品のコストなどの「運転資金」が掛かります。

開業すると、日々患者さんの診療報酬を計算して、それにより報酬が入ってくることになるのですが、支払基金から入金があるのは、請求後2か月ほどかかるので、一般的には2~3か月分の予想の運転資金を用意するべきだと言われています。

したがって、具体的な数字では、一説では先ほどの開業資金に加えて運転資金として、一千万円ほど必要と言われています。

 

経営が軌道に乗るまでの予備も必要

ノートに描いたビジネスプラン

 

先ほど考えた運転資金は、経営計画書の予想どおりの収入があった場合に、支払基金から入金があるまでの期間の資金という事になります。

しかし、新規のクリニックを開業する場合には、想定と同等又はそれ以上の診療報酬が最初から得られるという事は、むしろまれでもあります。

なかなか思うように患者が集まらない!と開業してからの焦りと不安を解消するうえでも、開業して三か月程度、あるいは半年程度は想定より少ない集患数でも経営ができるよう、運転資金に余裕がある状態で準備しておきましょう。

運転資金に余裕があれば、そういった時期にも焦らずにじっくりより良いクリニックを目指して努力をすることに専念できるでしょう。

運転資金に余裕があれば、医師としても専念しやすくなる為、長期的に通って下さる良い患者さまの獲得そして健全なクリニック運営につながるでしょう。

それほど、余裕の資金の確保はとても大切です。

 

余裕をもって資金を準備しましょう

 

クリニック開業時の運転資金は、今後の経営にも大きく影響します。

なるべく余裕を持って準備をすることが大切ともいえます。

 

クリニックの経営や医師として専念する為にも、計画的に準備をしていきましょう。

 

関連記事