開業する前に決めておこう!院内処方と院外処方どちらが良い?

医薬品

現在では院外処方が一般的となっていますが、これは厚生労働省が医薬分業を進めているためだと言われています。

クリニックを開業する際には、院外処方か院内処方か選択することができるので、事前に決めておくと良いでしょう。

今回は、院外処方と院内処方どちらが良いのか、メリット・デメリットの観点から見ていきましょう。

 

院内処方のメリットとデメリット

笑顔の高齢者と医療スタッフ

院内処方のメリットと言えば、患者さんが支払う金額がすべてクリニックの収入になるという点が第一かもしれません。

もちろん、その他にも処方箋を印刷しなくて済むので、印刷代や印刷の手間が省けるという点も、費用面や仕事の効率化においてメリットだと言えるでしょう。

患者さんからしたら、安く薬を購入することができるという点や、具合が悪いのにわざわざ調剤薬局まで行かなくて済むという点がメリットとして挙げられるのではないでしょうか。

一見デメリットはなさそうですが、デメリットを挙げるとしたら、人員の確保や薬の在庫を確保しておかなければならないという点です。

薬や処方に関する仕事もしなければならないので、費用面や時間面などで、意外とコストがかかってしまいます。

 

院外処方のメリット・デメリット

1c2554e4be9e263b0a58b8693bfc22c9_m

院外処方のメリットは、調剤スペースが省けるという点と、処方箋料を加算できるという点です。

薬の在庫や種類などを考えて処方しなくて済むので、幅広い選択肢の中から、患者さんにとって最適な薬を処方することができます。

患者さん側からも薬の希望を聞くことができますし、ジェネリックにすることも可能です。

デメリットとしては、薬剤師がクリニック外の為、医師が書いたカルテを直接見れず、患者さんの状態を理解しての処方が難しいという点が挙げられます。

また、患者さん側からしたら、院外へ足を運ばなければならないので二度手間になるということと、処方箋料などの加算で、若干費用が高くなってしまうという点も挙げられるでしょう。

 

まとめ

このように、院内処方と院外処方ではメリット・デメリットが違ってきます。ご

自身のクリニックにはどちらの方法が良いのか、しっかり検討することが大切です。

メリット・デメリットを把握して、より良い答えを導きましょう。

 

関連記事