AIで変わる!?今後の医療とは

Innovative Technologies Diagnosis and Treatment in Medicine. Health Care Innovation Information Technology Integrate. Doctor touched laptop stethoscope icon on virtual screen. Data, IOT, AI, Computing

多くのメディアで注目されている人工知能「AI」ですが医療にとっても大注目なのをご存知でしょうか。

学習したAIが専門医でも判断が難しい特殊な病気を見抜くことが出来るのですから医者にとっても患者にとっても今後に期待したいところですよね。

そんなAIで今後の医療がどう変わっていくのか注目してみました。

 

AIとは?

Artificial intelligence concept with businessman

そもそもAIについて何となくしか分からない人も多いのではないでしょうか。

AIは人工知能のことなのですが、最大の特徴は人間よりも早く的確に情報を学ぶことができます。

大量の情報処理はもちろんのこと膨大な情報の中から瞬時に判断できるのです。

もちろん人間にも出来ることですが、人間は楽手や経験を積み重ねて専門医になりますよね。

ロボットであるAIは休むことなく学習し続け、大量のデータを処理できます。

その為、あっという間に専門医に匹敵する知識を身に着けることが可能ですし、より確実になるのです。

また、AIにはもう一つ素晴らしい機能があり、自ら学習していくことで自ら情報を解析しどう判断すれば良いのか学習するため、どんどん精度が高まるという特徴があります。

 

AIによって今後の医療はどうなる?

advanced robotic surgery machine at Hospital,some of major advantages of robotic surgery are precision, miniaturisation, smaller incisions, decreased blood loss, less pain, and quicker healing time

AIが医療現場に配置されるようになると今後の医療はどうなっていくのでしょう。

AIは情報処理や画像診断などができ、的確な判断が出来るため専門医でも難しい判断が的確になるでしょう。

その為、専門医が不在である夜間などさまざまな現場で知能を発揮できることが期待できます。

また、今後当たり前と言われるセカンドオピニオンがなくなる時代が来るのかもしれません。

 

他にもAIがより身近になり、患者自身がスマホアプリなどで症状や写真等を送信すれば、病名や、近くの専門医を紹介する等、出来るようになりますよね。

過疎化や医師不足と言われている場所でもAIの技術が進歩すれば、人間に変わって、AIのロボットがその場に赴き、的確な診断をすること等期待できることが多いでしょう。

つまり患者にとっても医者にとってもAIは期待ができますし、人間にとってとても身近なサポートになってくれるのではないでしょうか。

 

まとめ

AIはただ学習するだけではなく自ら解析し学び、的確な判断をする素晴らしい機能です。

今後の医療で医師にとっても患者にとっても期待ができ、AIがサポートしてくれる未来はそう遠くないかもしれませんね。

 

関連記事