働き方改革に貢献!?医療クラークの役割とは

Doctor working night shift in hospital after long hours

働き方改革という言葉をご存知でしょうか?

この言葉は政府が発している言葉でもあるので、聞いたことがあるという人も多いかもしれません。

働き改革は、当然医療業界にも当てはまります。

医師や勤務医は過重労働であるケースが多く見られ、改善は急務です。

そんな過重労働の改善に貢献してくれる存在が、医療クラークだと言われています。

ここでは、働き方改革に貢献してくれる医療クラークの役割についてご紹介します。

 

医師の右腕とも言える存在と役割

カルテに記入するエステティシャン

医療クラークは医師の右腕とも言える存在と言っても過言ではありません。

その理由には、医療クラークならではの役割があります。

医師の書類作成をはじめとするデスクワークの代行・補助を行ってくれる医療クラークは、多忙を極める医師としては嬉しい存在です。

また、医師が患者さんを診察して処置を決めた際には、医師が口頭で医療クラークにそれを告げることで、パソコンに打ち込んでもらうこともできます。

医療クラークに検査日の予約や説明書、同意書などを作成してもらった後、医師はサインをするだけで書類の準備は完了です。

このように、ワンオペレーションを避けることができるので、結果として、患者さんの順番待ちを早めに解消することにも繋がるでしょう。

何より、サポートしてくれる医療クラークの存在によって時間に追われにくくなるので、医師ならではのストレスや過重労働を軽減してくれます。

 

円滑な診察によって患者さんも満足しやすい

診察をする医者と患者

医療クラークのサポートによって、診察時間の軽減を見込むことができます。

患者さん一人ひとりの診察がスムーズに進むので、患者さんも長い待ち時間でストレスを感じることが少なくなります。

また、患者さん一人ひとりと向き合った診察を行った場合でも、医療クラークが医師の負担を軽くしてくれるので、スムーズな流れで患者さんの診察を行えるでしょう。

総合病院や大学病院などの大きな病院では、待ち時間が短くなったとは感じにくい場合がありますが、個人クリニックの場合は見て取れる改善が期待できます。

 

まとめ

医療クラークの存在と役割は、まさしく医師の働き方改革の一翼を担っていると言っても過言ではありません。

医療クラークを採用し、過重労働の改善を行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事