医療用スクラブの選び方

b8b58583b5c73a2c1f27f9d5d057ce45_m

最近、医療ドラマや映画でよく見かける医療用スクラブは、アメリカの医療現場から広まったと言われています。

スクラブとは、英語の「scrub」(ごしごしこすって洗う)が語源で気軽に洗える、動きやすいなどメリットもたくさん。

そこで今回は、人気のスクラブの選び方についてご紹介します。

スクラブの5つのメリットとは?

b14b3e230625795da3c15b519eae219d_m

スクラブが選ばれる理由は、大きく5つです。

・ 動きやすい

・カラーバリエーションが豊富

・気軽に洗える

・着替えがしやすい

・価格が安い

スクラブは、素材が薄く軽いのでTシャツ感覚で着られます。

最近では、カラーバリエーションも豊富で白衣が苦手な患者さんにも好評です。

また、ボタンやファスナーがないのでどこかに引っかかるなどもなく汚れたらすぐ着替えることも可能です。

白衣よりも低価格なのでユニフォームにできるのも人気の理由といえるでしょう。

選ぶときのポイントは4つ

d1a040c86ebf5b7a40801c52f752e025_m

スクラブを選ぶときは、まず用途をしっかり考えましょう。

・ ポケットの数と大きさ

・インナーへの影響

・動きやすさ

・スタイル

最初にチェックしたいのは、ポケットです。

ポケットには、仕切りが付いたタイプや深さがあるタイプなどさまざまです。

持ち物や使い勝手など細部まで確認しましょう。

次に大切なのが動きやすさです。

どんな動きにも対応できるようにスリットが入っている、ストレッチが効くなど動いて試しましょう。

女性のスタッフの場合は、スタイルにも気を使いたいです。

スクラブを選ぶときの注意点

0c742ace3d3081ca0e8b44bea33612eb_m

スクラブを選ぶときは、サイズに気をつけましょう。

スクラブは、首元がVネックになっているものが一般的です。

そのためサイズを間違えるとVネックが深く開く場合があります。

そうすると胸元まで見えてしまう可能性があるので注意しましょう。

ジャストサイズがない場合は、インナーを着るなどして対応するのもおすすめです。

まとめ

0893a72e5c022bb1dfedb81ea4eaaafa_m

いかがでしたか?

今回は、スクラブの選び方についてご紹介しました。

スクラブをユニフォームとして着用すると統一感がある上にスタッフ間でチーム意識も生まれます。

さらにモチベーションも上がるなどクリニックにプラスになることが多いのでおすすめです。

関連記事