事前にチェック!分院開設の要件とは

271afecc45cbea411c2b91cadc5d7121_m

クリニックの経営が安定してきたときに検討される次の経営計画として分院開設があります。

分院開設には、時間と手間がかかるのはご存じでしょうか?

たとえば、異なる都道府県に分院開設をする場合、厚生労働大臣にそれぞれの変更申請を行う必要があります。

他にも法人変更登記申請や保健医療機関指定の申請手続きなど多くの手続きが必要です。

分院開設が計画的にスムースに行われるためには事前のチェックが大切です。

そこで今回は、分院開設の要件についてご紹介します。参考にしてください。

ポイント1.管理者について

a172e3361c08a31a971093b7d2140bc6_m

まず、分院の管理者が必要です。

分院の管理者は、医師もしくは法人の理事が望ましいでしょう。

たとえば、理事長が分院の管理者になることも可能ですが、本院とのバランスが崩れる場合があるので望ましくないといわれています。

分院開設の際には、信頼できる医師もしくは理事を選ぶことをおすすめします。

また、管理者は法律上の責任者でもあります。

原則として常勤する医師もしくは理事が望まれます。

ポイント2.医院または診療所について

a8205bf63d633b5317b45e426508b2ce_m

分院開設には、いろいろなケースが考えられます。

一番多いのは、個人の医院または診療所を開設しているもしくは開設した後で医療法人として継承するケースです。

この場合、都道府県担当窓口との事前協議がありその後、定款変更許可の手続き、

法人変更登記の申請、分院開設の手続き、保健医療起案指定申請等の手続きをした後にその他関係官署への各種届出や申請手続きに入ります。

この流れだけでも数ヶ月はかかるので事前に準備をしておきましょう。

また、最初から医療法人の医院や診療所を開設する場合は、保健所の開設許可が必要になるので保健所へ事前に相談すると良いかもしれません。

ポイント3.予算について

2fad00c3409a8d2be041c46b94ab84a2_m

見出し本文:基本、医療法人には、「医療機関の永続性」が要求されます。

たとえば、分院開設が医療法人の永続性を揺らがす事業であれば定款変更が認められない場合もあります。

つまり、経営状態や財務管理が整っていないと分院開設は厳しいということです。

まとめ

22e421316ea59717e316cd4fae506942_m

いかがでしたか?

今回は、分院開設の要件についてご紹介しました。

同一都道府県内での分院開設でもさまざまな手続きがあり大変なので事前にチェックは必要です。

また、提出書類も多くスムースに行っても数ヶ月はかかるので、不備がないようにしましょう。

事前に専門家へ相談するのも良いかもしれません。

関連記事