開業医の昼事情を調査!

c0dc76401a1d9eecccddbaa12592114d_m

忙しい医師にお昼休みはあるのでしょうか?健康には気をつけているイメージがある医師のお昼休み事情を知りたい。中でも開業医のお昼休み事情はどのようになっているのでしょうか?ご飯を食べる時間は?どんなご飯を食べている?時間の過ごし方は?などいろいろ知りたい!そこで今回は、開業医のお昼事情についてご紹介します。

開業医のお昼休みはどのくらい?

eb0ec3cab0676e5beaedadde50a46354_m

  • 30分未満
  • 15分未満
  • 全く取れない

診療科目で取れる時間はバラバラのようです。

中でも皮膚科や腎泌尿器科は、30分未満が多いようです。

また、外科は15分未満が一番多く全く取れない日も多いようです。

開業医のお昼ご飯は?

74ce308b5fe48a108ec5b00e81cd559f_m

お昼ご飯の内容は以下のようです。

  • 家から持参
  • 出入り業者の弁当
  • 外食

開業医のお昼ご飯は、早さと安さを重視しクリニック内でとるのが一般的のようです。

忙しくて昼食をとる時間がない、取る時間がもったいないという理由で取らないという開業医もいるようです。

開業医は、勤務医と違い経営の仕事があります。

たとえば、地域との交流や営業の活動として近所へ食べに行くのは開業医の仕事かもしれません。

また、税理士や業者さんとの打ち合わせを兼ねたランチミーティングの時間もあるようです。

見開業医は、お昼休みを利用してこんなこともしています!

c0f91fe13d08204746519fec96ac7651_m

開業医の場合は、お昼休みを利用して往診や学校や市の検診や予防注射などの仕事も行っています。

また、学会の準備や午前中の外来が延長するという場合もあります。

他にも来客や商談など医師ではなく経営者としての仕事もあります。

お昼ご飯を食べて休み間もなく残務をこなすという場合も多いようです。

まとめ

e57431fd068dacd904ac49daaab9426f_m

いかがでしたか?

今回は、開業医の昼事情についてご紹介しました。

開業医の場合は、限られた時間の中で効率よく医師と経営の仕事をこなすために昼休みは重要な時間といえるでしょう。

開業医には、時間の使い方も工夫が必要のようです。

 

関連記事