開業獣医師の年収や生活スタイルとは

7005392bc3e5a7b9545982d53659aa60_m

現在、勤務医として診療に従事している獣医師の方は「開業すれば現在よりもずっと収入が増える」と考えていることでしょう。

たしかに、大成功している動物病院の開業獣医師は多くの収入を得ていますが、実は平均的には想像するほどに高収入にはならないようです。

開業獣医師の年収や生活スタイルに迫ってみましょう。

 

開業獣医師の年収格差は激しい

動物の診療は自由診療です。

人間の診療のような点数制度は存在しないため、どんな治療にいくらの費用を請求するのかは、動物病院が自由に決めることができます。

つまり、まったく同じ内容の治療をしても、A動物病院では5,000円なのにB動物病院では1万円になることがあるわけですから、その費用を請求してもペットオーナーが納得してくれる診療やサービス内容を提供している動物病院を経営していれば、年収は増加するということになります。

反対に、低料金を設定していても来院数が伸び悩み、経営難に陥ってしまう開業獣医師もいます。

動物病院で雇用されている勤務獣医師、研究などで企業に雇用されている獣医師、公務員として勤務する獣医師の年収額は、厚生労働省や多くの調査会社が公表していますが、実は平均的なサラリーマンと同水準または若干高い程度です。

そう考えると、人間の診療をおこなう医師と比べた場合、獣医師のほうが「開業して収入額を増やしたい」と強く希望するのは当然のことといえますが、必ずしも「開業すれば増収になる」というわけではありません。

獣医師が開業して成功するためには、やみくもな開業ではなく、しっかりとしたコンサルタントのサポートを受けて、成功する仕掛けをふんだんに取り入れた開業を目指す必要があるということです。

 

開業獣医師は寝るヒマもない?

開業獣医師は、大変な激務であることを覚悟しておかなければなりません。

動物病院の多くは、院長を務める獣医師一人が診療をするスタイルが多く、ペットの急な体調不良などで休日診療をおこなう、来院数が多く診療が夜間にまで食い込むといったケースが多いという実情があります。

夜間・休日診療はあたりまえで、寝るヒマもないといった獣医師も少なくありません。

しかし、こういったニーズに的確に応えることこそが動物病院の評価アップにつながることは間違いありません。

激務ではありますが、多くの動物を救いたいという情熱が良い口コミを呼び寄せ、動物病院の経営を成功に導くことを忘れないようにしましょう。

関連記事