病院における事務長の存在意義について

2e6d94a3966b18d951e19bc6b0a24b20_s

クリニックは規模の大小に関わらずひとつの組織です。そして組織を円滑に運営するために院長の右腕として機能するのが事務長です。

 

<事務長の役割>

クリニックにおける事務長は、事務の担当責任者という位置づけではありません。事務長は院長とともにクリニックの経営を支える右腕として機能します。

事務長は患者からのクレームや意見・相談への対応役を担ってくれます。院長の業務は多忙を極めるので、これらに対応している時間はありません。もちろん、院長自らが対応すべき事案もありますが、実はほとんどのトラブルや対応は事務長レベルで解決できるでしょう。

また、事務長は院長とクリニック内のスタッフとの調整という大切な役割も果たしてくれます。院長が掲げた運営方針は、すべてが円滑にスタッフ全員へと浸透するわけではありません。なかには方針を理解していない、方針に反対しているスタッフもいることがあるので、事務長が正しく院長の方針を伝え、誤解を解き、院長とスタッフとの橋渡し役となります。

 

<事務長の役割存在意義とは>

事務長が「なぜ存在するのか」に着目すると、その存在意義は「院長の代弁者」という点に集約されるでしょう。

院長は経営に加えて当然の診療業務も抱えている多忙の身であるため、クリニック内の多岐にわたる業務を一手に引き受けることはできません。そこで、事務長が院長の代弁者として患者やスタッフに院長の意思や声を届けるわけです。

この役割を果たすためには、事務長みずからが院長の意思やクリニックの運営方針を正しく理解していなければなりません。たとえば、スタッフが運営方針を理解していないばかりに院長への不満を唱えていたとして、対応の都度、院長に伺いを立てているようでは代弁者としての機能を果たしているとはいえないでしょう。事務長みずからが、まさに院長の意見を代弁しているかのごとく運営方針を説明し、スタッフに納得してもらう必要があるのです。

これからクリニックの開業を検討しているドクターは、自分の運営方針やクリニックのスタイルをしっかりと理解してくれる事務長を据えることをおすすめします

関連記事