患者減対策はお早めに!すご腕の医療コンサルタントはここだ!

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-max16011636

「病院経営がうまくいっていない…」と感じているあなた。

思うように収益が伸びないのは、患者が減っているからかもしれません。

「あそこの病院はちょっと…」と思われると、それが広まってだんだん患者減に拍車がかかってしまう…なんてことにもなりかねません。

今回は、そんな困ったときに頼るべきすご腕の医療コンサルタントをご紹介します!

shutterstock_178724234

①MEDIVA

メディヴァの病院コンサルティングサービスは数多くの病院の経営改善や新棟計画、経営再生等を実現してきた有力コンサルタントです。

コスト削減から医師募集、事業拡大のための事業計画作成まで、顧客の多様な要望に柔軟に対応してくれます。

マッキンゼーで培ったコンサルティングスキルと、長年医療機関に携わって培った現場の肌感覚を活かしたコンサルティングで強力な支援をしてくれます。

正式な資格認定もされています。

003_img01

②アイテック

アイテックは「総合医療経営コンサルティング企業」として、自治体立病院・大学附属病院などにおいて数多くの実績を残してきた国内最大の規模を誇る医業経営コンサルティング会社の一つです。

コンサルティング業務では「最終的な結果まで責任を持つ」という信念で、病院整備の企画・調査から、病院開院後、経営が軌道に乗るところまで一貫したコンサルティングをしてくれます。

日本経営コンサルタント協会というところで正式なコンサルタント資格認定を受けた数少ない企業の1社でありますから、安心して任せられます。

cpa-female

③グローバルヘルスコンサルティング

グローバルヘルスコンサルティングは、米国流の病院経営の実践的な手法である「ベンチマーク」(業界を超えて優れた経営手法あるいはプロセスを実行している組織から、その実践方法を学び、自社に適した形で導入して大きな改善に結びつけるための手法)を、日本に初めて持ち込み、広めたパイオニア企業です。

現代における医療機関の生き残りのキーワードを「求められる医療」と設定し、徹底した情報収集、データ分析による現状把握を通して人々の信頼を勝ち取れるような医療を提供するための道筋を示してくれます。

関連記事