【社会保険】医師が医療関係者なら知っておきたい社会保険。基本のキから(患者への)伝え方まで

fotolia_83619125_subscription_monthly_m

社会保険は何かあったときのために欠かせないものです。

しかし、社会保険について、色々紛らわしくて実はよくわからないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、社会保険について基本からご紹介します。

fotolia_124627300_subscription_monthly_m

1.社会保険とは?

社会保険とは日本の社会保障制度の一つ。

病気・怪我・失業・事故・老後の生活等、様々なリスクに備えて国民の生活を保障するために設けられた制度です。

国・自治体などの公的機関が運営し、保険の加入者が支払う保険料と国のお金で運営費用が賄われます。

必要に応じた給付がほぼ確実に受けられる代わりに、加入者は社会保険に加入して保険料を負担しなければいけません。

社会保険に含まれるものは以下の5つです。

①医療保険 ②年金保険 ③介護保険 ④雇用保険 ⑤労災保険

日本では国民皆保険制なので、原則として全ての国民にが加入し保険料を払わなければいけません。

fotolia_88839593_subscription_monthly_m

2.それぞれの内容

 

①医療保険

一般の会社勤めならば「健康保険」、自営業者やパート、無職の人は「国民健康保険」に加入。

怪我・病気・出産・死亡に対する保障制度であり、こうしたことが起きた場合にかかる費用の一部が負担されたり支給されたりします。

 

②年金保険

会社勤めなら「厚生年金」、自営業者らは「国民年金」に加入。

老後の生活・障害・死亡に対する保障制度であり、保険料を払って積み立てた金額に応じて老後に年金が受け取れます。

その他、障害を負ったときに受け取れる障害年金、加入者が死亡した時に遺族がお金をもらえる遺族年金などがあります。

 

③介護保険

高齢者をはじめ、介護が必要な人に対する保障制度であり、40歳以上の人全員に加入が義務付けられています。

訪問介護・老人福祉施設の利用などの介護サービスを受けることができます。

保険料については、65歳未満なら医療保険に含まれます。

65歳以上なら医療保険と切り離され、原則として年金から天引きされることになります。

 

④雇用保険

失業したときに一定期間給付金を受け取ることができる、いわゆる「失業手当」をはじめとして、「教育訓練給付」「育児休業給付」「介護休業給付」「キャリアアップ助成金」「トライアル雇用奨励金」などの雇用に関係した保険です。

 

⑤労災保険

業務中・通勤中の事故や災害により生じた病気、怪我、傷害、死亡などに対しての保障です。

一時金や年金といった形で給付を受けられ、 災害に見舞われた労働者の社会復帰であるとか、遺族への援助などもされます。

 

 

 

 

関連記事