医院継承のメリット・デメリット

new_doctor-1228629_1920

医院継承によって開業することのメリット

ドクターである親からクリニックを譲り受けて開業したり、第三者のドクターからクリニックを購入して開業することを『医院継承』と呼びます。

医院継承は、継承を受けて開業するドクターにとって大きなメリットを享受することができます。

医院継承によって開業する場合、通常の開業と比較すると、初期費用の大幅カットが実現できます。

もともとクリニックだった物件を購入することで、物件はほぼそのままの形で、あるいは最小限の改装で開業することができるうえに、それまでに使っていた医療機器も格安で引き継ぐことができる場合もあるので、一から用意するよりも圧倒的にコストカットできます

患者を引き継ぐことができるのも大きな魅力でしょう。

新規開業のクリニックが口コミで多くの患者を獲得できるようになるまでは相当な時間を要しますが、医院継承で開業すれば、それまでに通っていた患者の来院が見込まれます。

開業初期から黒字経営を続けることも、真っさらの状態から新規開業することと比べると難しくありません。

患者の獲得に安定感があれば、事業計画を立てやすく金融機関からの融資も受けやすくなるでしょう。

 

ここに注意!医院継承のデメリット

a0001_014037

メリットが目立つ医院継承ですが、当然、デメリットも存在します。

まず挙げられるのが雇用問題です。

それまでに数多くの患者に対応してきた看護師などのスタッフは、スムーズな患者対応のためにぜひとも継続雇用したいところですね。

ところが、基本的に既存のスタッフは全員継続雇用を希望するものですから、医院継承によって開業するドクターが思い描くクリニックに必要な人数をオーバーしてしまうおそれが大です。

開業前に計画していた人件費を大幅に超えてしまうこともあるので、常勤からパート契約への転換などの工夫が必要になることがあります。

物件をそのままに開業できるのが医院継承のメリットですが、実はこれが逆にデメリットとなることも。

古いクリニックを継承してしまうと、バリアフリーなどの対策が取られていない場合が多く、大幅な改装が必要になることも珍しくありません。

医療機器の継承も、最新の検査などに対応できない機種だと開業するドクターが提供したい医療サービスが実現できないおそれもあります。

医院継承で成功するには、これらのデメリットを踏まえたうえで、開業するドクターが思い描くクリニックが実現できるのかをよく検討する必要があると言えるでしょう。

 

 

関連記事