クリニックモールでの開業。メリットとデメリット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参照:フォト蔵

増加傾向の『クリニックモール』

郊外のショッピングセンター付近や住宅団地の近辺には、必ずといっても良いほど『クリニックモール』があります。
クリニックモールとは、一つの大きな敷地や建物の中に複数のクリニックが入居している医療施設のことをいいます。

国が病床数の削減を目指しているのに医師の数は増え続けているという業界事情の中、複数の診療科が集まってクリニック同士の連携が取りやすく、患者にとっても利便性が高いクリニックモールに人気が集まっています。
クリニックモールは主に調剤会社やドラッグストアが経営しているものが多く、診療と同時に処方箋を受け取る、ドラッグストアで買い物をするなどの付加的なメリットを見込んで建設、誘致に至ります。
特に調剤会社が経営しているクリニックモールでは、複数のクリニックの処方箋を一手に担当することができるため、経営側にも非常にメリットが大きい仕組みになっています。

 

クリニックモールでの開業、メリットとデメリット

0e69c42f72ea49067110e8a81f390eb0_s

クリニックモールで開業する最大のメリットは、開業費用を最小限に抑えることができる点です。
もともとクリニックの開業を目的に建てられたテナントに入居するため、大幅な改装などの必要はありません。
職員用の控え室、来院者の駐車場など、他に入居するクリニックと共有できる部分も多く、共同の看板なども利用できるので、テナント料以外の出費が大幅に抑えられます。

また、集客性の高さも大きなメリットとなります。
専門性の高いクリニックが入居すれば、もし患者が専門外の診療科にかかるべきと判明した場合に、すぐに同じく入居している専門的なクリニックでの受診を勧めることができます。
これはクリニック側のメリットでありながら、患者にとっても高いメリットとなるため集客性を高める要素となるでしょう。

反面、デメリットとしては、同じ診療科のクリニックが入居している場合には身近なところで競争を生んでしまうという点が挙げられます。
一方のクリニックが繁盛してしまえば、同じ敷地や建物に入居しているクリニックにしてみれば独立したクリニックよりも厳しい経営状況に陥ることは必至となるでしょう。

最近では母子医療専門のクリニックモール、フィットネスクラブなどが併設された予防医療専門クリニックモールなど、コンセプトに応じたクリニックモールの展開も目立っており、クリニックモールはますます増加する見込みです。

 

関連記事