開業医に向く人、向かない人の特徴とは

af114d0a96bed31d1dc4bdc2fdff0085_s

開業医に向いているドクターとは?

厚生労働省の調査では、勤務医の平均年収はおよそ1,500万円。
これに対し開業医の平均年収はおよそ2,500万円ですから、年収に1,000万円もの格差があれば誰しも開業医を目指すのは当然といえば当然ですね。
しかし、ドクターには、間違いなく「開業医に向いているドクター」と「開業医に向いていないドクター」が存在します。
開業医に絶対に必要なのは、コミュニケーション能力です。
患者とスタッフと円滑な人間関係を築くことができるコミュニケーション能力は、開業医には絶対不可欠です。
地域のためなら行事ごとなどにも積極的に参加してコミュニケーションを深めるくらいの在り方でなければ、開業医は務まりません。
ドクターの中にはあまり患者の言うことに耳を傾けない人もいます。
患者の主観よりもドクターとしての所見を重んじるという方法が一概に悪いというわけではありませんが、そのようなドクターはあくまでも開業医には向いていません。
次に必要なのはマネジメント能力です。
開業医は患者の診察に専念することができない立場です。
診療所の経営促進、資金調達、日々の経理チェックなどは、全て自分の責任です。
もちろん、診療所が繁盛すれば自分の懐も潤うことになりますが、反対に経営難に陥った場合の責任も全て負うことになります。
開業医には高いマネジメント能力と経営ビジョンが絶対に必要です。
勤務医のように「診察に専念して、事務的なことは全てお任せで」という感覚のドクターは開業医に向いていません。

大切なのは心意気?

f7331a3d443a834de4e631ee59fef015_s

コミュニケーション能力はそこそこ、経営ビジョンはあるけど経営管理にはサポートが欲しい…
開業医には高いコミュニケーション能力とマネジメント能力が必要なのですから、これでは開業医として診療所を盛り上げていくのは難しそうですね。
しかし「開業医として地域医療の役に立ちたい!」という地域奉仕的な気持ちや、「年収が断然良くなるなら、自分は成り上がってみせる!」という上昇志向でもいいので、必ず開業医として成功するという心意気があれば道は開けるものです。
『想い』には人を成功に導く力があります。
想いに共感してくれる同志が現れれば事務長としてサポートしてもらうことでマネジメント能力の穴埋めも可能でしょう。
根性論ではありませんが、心意気がある人こそ成功します。
心意気こそが開業医に最も必要なものだと言えるでしょう。

 

関連記事