クリニックの開業、費用はどれくらいかかる?

19a984aa40519499ab5a5e0f0dc52c3e_s

開業の初期費用は診療科目によって大きく異なる

ドクターなら誰もが考える開業への道。
そこで大きな壁となって立ちはだかるのが開業のための初期費用です。
例えば医療コンサルタント業者に「開業医の初期費用はどれくらいかかる?」と質問したとしても、必ず「診療科目によって差がある」という回答が返ってくるでしょう。
事実、開業医の初期費用は診療科目によって大きな差が生じます。
最も初期費用がかからない診療科目は、精神科や心療内科、皮膚科でしょう。
大掛かりな検査機械や医療器具などが不要で、300万円程度の資金があれば開業が可能でしょう。

 

反対に、内科、整形外科、産婦人科、眼科は多額の初期費用が必要です。
これらは、検査などに必要な医療用器具に多額の費用がかかってしまいます。
例えば整形外科が開業するためには、検査に必要なMRIを導入する必要がありますが、MRIの検査機械の価格は定価で1億円程度。
大幅な値引きを受けても数千万円単位の出費になることは確実ですから、専門性を高めてより良い治療や検査を目指すなら、まさに「上を見ればキリがない」という状態になるでしょう。
 

物件の費用も診療科目によって変わる?

bc301635a5a475a7195bad186d2695f9_s

初期費用は大きく分けると医療器具などの導入にかかる費用と、診療所の建物やテナント、改装などの物件にかかる費用に2種類の費用があります。
機器類の費用は先ほどお話ししたとおり診療科目によって大きく差が生じますが、物件の費用も診療科目によって大きく上下します。

 

例えば、都市部の患者を対象にした診療所を開設したいと考えている場合、ビル内のテナントなど小規模の物件を利用して開業することができます。
診療科目でいえば精神科や心療内科、皮膚科などは、大規模な設備が不要なので、小規模な物件でも十分に開業できるでしょう。
物件にかかる初期費用はテナントの入居費用と小規模の改装程度ですから、出費は最小限で済ませることができます。

 

一方、内科などは基本的には戸建ての物件や面積が広い物件でないと検査機械や医療器具の設置が難しく、建物を新築するほうが現実的でしょう。
こうなると、郊外で土地建物を購入して開業することになり、物件だけで数千万円から1億円程度の費用がかかることになります。
小規模展開であれば毎月のテナント料を支払うだけで済みますが、物件の購入ともなると金融機関の大型融資を受けることになるので、事業計画を綿密に練る必要があるでしょう。

関連記事