クリニック開業前に考えよう。調剤薬局との関係

調剤薬局

昔は院内処方ができたのですが、今は病院や医院と調剤薬局が分かれているのがほとんどですよね。

クリニック開業の時に考えなくてはならない問題の一つに、調剤薬局との関係があります。どのようなことに気をつけるべきなのか早速見ていきましょう。

クリニックの近くに調剤薬局が必要?

クリニック近くの調剤薬局

クリニックに来た患者さんのほとんどが処方箋の薬を調剤薬局で受け取る必要が出てくるでしょう。

自宅の近くで受け取るという方もみえるとも思いますが、診察の後、近くの調剤薬局に行く方が多いのではないでしょうか。

クリニック近くの調剤薬局では、クリニックで見かけた他の患者さんに会うことも多く、診療と処方薬の受取までを一気に終わらせたいと考えている人が多いのではないでしょうか?

したがってクリニックを開業する際には調剤薬局が近くにあるのか、その調剤薬局は評判や雰囲気はどうなのかをきちんと把握しておく必要があります。

最近増えている医療モールの一角に開業するのも調剤薬局がモール内にあるのでオススメではありますが、医療モール内の他のクリニックの評判や待ち時間等によって患者獲得などに大きな影響があり、難しい点もあるので注意が必要です。

 

大切にしたい調剤薬局との関係

調剤薬局で処方箋を受け取る

患者からするとお薬を受け取るときにお薬の説明を受けるまでが、病院に行った体験に含まれます。

医者からもお薬の説明を受けますが、お薬を受け取るときに薬剤師さんから再度説明を受けます。

その為、処方薬に疑問があった場合等、薬剤師に質問をすることになるので、調剤薬局の雰囲気だけではなく、薬剤師のレベルや人柄も、クリニックの印象の一つとして結構大切になってきます。

開業前に調剤薬局や薬剤師のチェックもするとともに、処方する予定のお薬の在庫を持ってもらう、患者への説明を丁寧に行ってもらう、患者からの貴重な情報があった場合は伝えてもらうなど、常にいい関係を築いてお互いに発展できるようにしていきたいものです。

おわりに

開業する時は自身の開業だけでも精一杯になりがちですが、クリニックの成功の鍵の一つである調剤薬局についても考えましょう。

広い視野で考えて患者さまのためになるように調剤薬局との関係も大切にしていきたいものです。

関連記事