クリニック成功の鍵には待ち時間対策が重要

Young girl sitting in waiting room on the one of row of blue and ivory chairs in hall. Selective focus. Medicine, business concept

病院に関する意識調査で4人に1人が病院の待ち時間に不満を感じているという結果が出ています。

待ち時間が長いと二次感染のリスクが高まり不安になる患者さんも多いようです。

また、待ち時間のストレスからクレームが発生するケースも多いようです。

クリニックの成功の鍵を握るとも言える、待ち時間対策について今回はご紹介します。

 

患者さんのライフスタイルに合わせた運営

Mother measuring temperature of ill child while father calling a doctor

まず、待ち時間対策として混雑する日にちや時間を減らすのがポイントです。

たとえば、患者さんのライフスタイルに合わせた診療時間にする、混雑する日時をお知らせするなどして患者さんの分散化を図ることも良いでしょう。

また、予約システムを導入して患者数の調整をするのも待ち時間対策として良い方法です。

そのためには見込み患者さんの年齢層やライフスタイルを調査することが重要です。

患者さんの情報を集めてから対策を考えましょう。

 

待ち時間の有効活用をしよう

Waiting room

とはいえ、実際に待ち時間を短縮できない場合ももちろんあります。

その時は、患者さんの待っている間の体感時間を短くして待ち時間対策を行いましょう。

これは、待ち時間の有効活用です。

たとえば、クリニックで待つのではなく外で待てるように診察までの順番をメールでお知らせする、順番表示システムを使って目安時間などをお伝えして患者さんが自由に行動できるようにするのも良いかもしれません。

ほかにも患者さんの好みに合わせた本や雑誌などをそろえて有意義な時間を過ごしてもらう。

患者さんに選択肢を与えることで患者さん自身に気持ちの余裕ができて待たされているという感覚を減らします。

また、患者さんとのコミュニケーションの場として声かけをするのもクレームの対策として良いです。

このように待ち時間対策は患者さんの立場に立って考えるといろいろ対策は可能です。

そして待ち時間対策は、患者さんだけでなくスタッフの負担を軽減することにつながるのでぜひ取り組んでください。

 

まとめ

いかがでしたか?

クリニック成功の鍵として待ち時間対策は重要な課題です。

患者さんが満足する待ち時間にするためスタッフを増員しても解決にはなりません。

まずは、クリニックに来る患者さんが満足する待ち時間の時間や過ごし方を知ることが重要です。

少ないスタッフで効率良くスムースなオペレーションをするために必要なことは何か?を地域の情報や患者さんの意見を聞くなどして見つけてください。

そして患者さんに寄り添えるクリニックを目指しましょう!

関連記事