クリニック開業するなら何歳までに開業するべき?

Young male doctor

これから独立開業を目指しているドクターは「何歳までにクリニックを開業したい」という目標を立てているはずです。

何歳になってクリニックを開業するのかは、ドクターとしての人生を左右するばかりか、一個人としてのライフプランにも関わる重大な問題となります。

 

クリニック開業時の平均年齢

医者 ミドル 問診票

日本医師会がドクターを対象に実施したアンケートによると、実際に開業医として稼働しているドクターがクリニックを開業した年齢の平均は41.3歳

業30年を超えた熟練開業医の開業時の平均年齢が37.5歳であるのに対して、ここ5年間で開業したばかりのドクターの平均年齢は44.9歳となっており、年々とクリニックを独立開業する年齢が上がっている状況が伺えます。

 

クリニックを開業するなら何歳までがベスト?

数字40を持つ医師

クリニックを開業する年齢は、平均年齢が示すあたり、つまり40歳くらいがベストだと言えるでしょう。

まず、開業には多額の資金が必要です。

大部分を金融機関の融資に頼るのが一般的ですが、一方では潤沢な自己資金も必要になります。

自己資金を用意しておかないと金融機関も融資に消極的になるし、集患に悩むことになる開業当初の難局を乗り切ることが難しくなります。

勤務医として給料をもらいながら開業に向けた自己資金をプールするとなれば、やはり40歳くらいまで時間がかかるでしょう。

 

もちろん、40歳くらいまでキャリアを積んでおけば患者や業界人との人間関係をしっかり構築できるはずなので、開業に向けた自信もつくはずです。

自己資金や人間関係の構築が必要とはいえ、あまりにも開業が遅くなることは好ましくありません。

 

開業医は「定年がない」と言わる仕事です。

高齢になっても第一線で活躍している開業医はたくさんいますが、反面、高齢になっても金融機関への返済が残っているおそれもあります。

高齢になれば若い頃のようにがむしゃらに働くのも難しくなります。

重要なのは開業後どれくらい経営を続けることができるのかを意識することであり、自分自身のライフプランと照らして「何歳までに開業する」という明確な目標を立てることでしょう。

関連記事