【クリニック開業】看板の種類を知ろう

Big build and note hospital. 3d illustration

クリニックが設置する看板は、主に建物の入り口や通りに沿って設置する看板のほか道路沿いに設置する野立て看板が一般的です。

しかし、ターゲットとなる患者層によってはさらに有効な看板もあります。

実際に看板にはどんな種類があるのかみていきましょう。

 

クリニックの存在をアピールする看板の効果

979421

どんな業種・業態の店舗であっても『看板』による宣伝効果は絶大です。

看板は「年中無休の営業マン」とも言われており、常に人目に触れる場所にあることで店舗の存在を強くアピールしてくれます。

新規開業のクリニックの看板でも全く同じ効果が期待されます。

クリニックの看板では、一般的な看板が集客効果を発揮するように集患効果を発揮します。

スーパーマーケットのように日常的に訪れる頻度が高い店舗と比べると、体調不良やケガなどの予期せぬトラブルが発生した時のみに必要とされるクリニックでは自然と存在が知れ渡ることは稀であるため、特に新規開業したクリニックは看板によって認知度を上げ、集患につなげる必要があるのです。

 

クリニックの看板の種類

Intelligent Digital Signage marketing and face recognition concept. Old woman watch artificial intelligence digital advertisement about healthcare package in shopping Mall.

ひとくちに『看板』といえば、クリニックの建物や入居している物件に設置する看板、道路の脇に立つ『野立て看板』をイメージするでしょう。

建物に設置する場合は、入口上部などに壁面看板やらん間看板を設置したり、通りに沿って突き出し看板や縦植看板を設置するのが一般的です。

様々な店舗が入居しているビルでは、そのビルにクリニックが入居していることをアピールする突き出し看板や縦植看板の設置が必須です。

郊外のクリニックでは、幹線道路の沿線などに野立て看板を設置することで認知度のアップが期待できます。

これらは看板の種類として最も一般的ですが、特に対象とするターゲットが限定されることの多いクリニックの経営においては、建物に設置する看板や野立て看板だけでは期待していたほどの集患効果を発揮しないことがあります。

クリニックの看板として優れた効果を発揮するのが『駅看板』『バス看板』です。

駅看板は駅の構内に設置する看板で、多くの人が集まる場所で日常的に目に触れることで高い集患効果を発揮します。

バス看板もバス車体や室内の吊り下げ広告などによってバス利用者にクリニックの存在を強くアピールする効果があります。

駅看板やバス看板は、特に公共交通機関を利用することが多い高齢者に対するアピール力が強いため、高齢者の集患には非常に高い効果を発揮するという特徴があります。

クリニックの看板には「ここにクリニックがある」という単なる目印代わりの役割だけでなく、新たな利用を増やす集患効果があることを意識しましょう。

クリニックがターゲットとしたい患者層を明確化して、より集患効果の高い看板を設置することで、クリニックの看板はただの目印ではなく優秀な営業マンとなるのです。

関連記事