クリニック内は土足?スリッパ?

Modern waiting room

大きな病院では普通は土足のまま診療を受けますが、小規模なクリニックでは土足のままのところと、スリッパに履き替えるところの両方があります。

どちらが患者さんにとって望ましいのかについて考えてみます。

 

スリッパに履き替えるクリニック

色違いのスリッパ

スリッパに履き替えるクリニックは、入り口に靴がたくさん置かれることで、患者様が入りづらくなることがあります。

その為、必ず下駄箱を設置するとともに、まめに靴を整える担当のスタッフを確保しておくなど、意外と場所と手間が掛かります。

また靴を脱ぎ履きしやすいように高齢者などのために椅子を設置する配慮も欠かせません

その分、院内はスリッパで歩くことになるので、院内の床に清潔感があるという点は大きなメリットとなるでしょう。

一方でスリッパが他の人と一緒に使うものになるので、スリッパが綺麗なのかどうかが患者は気になるところです。

素足でスリッパを履く事のない様に注意書きをすることや、スリッパを一度使ったら消毒をしてくれる機械を導入するなど、スリッパを清潔に保つ工夫をする必要があります。

 

土足のままのクリニック

Sala d'attesa

目線で考えると、スリッパに履き替えるクリニックだと行く前に、脱ぎ履きしやすい靴にしようとか、靴下をある程度気をつけないといけないのですが、土足のままのクリニックだと、体調がよくない中、そのようなことに気を配らなくていいので楽です。

ただ、雨の日や雪の日などは特にクリニック内の床が汚れてしまっていて気になるという患者の方も多いはずですので、床の掃除をまめに行う事や、床の素材を汚れが目立たないような色や素材にするなどの配慮が必要です。

またクリニックの入口に靴の汚れや水分をある程度取ってくれるマットなどを設置するようにするとクリニック内の床の汚れは多少防げるでしょう。

一昔前は、スリッパに履き替えるほうが、院内感染が防ぎやすいとされていましたが、現在では道路も舗装されており、土からの微生物やカビ等を持ち込まれるリスクも減りました。

反対に、スリッパのほうが履き替える際に院内感染のリスクがあるとも考えられており、どちらが良いとは一概には言えない状況となっています。

 

おわりに

クリニック内を土足にするか、スリッパにするかは院長の考えで決まると思いますが、除菌のものがよく売れる今の日本人の感覚では自分の靴のままの方がいいという患者の方が多いのではないかと思われます。

どちらを導入するにしても清潔感を保てる工夫は絶対に必要なのできちんと考えたい問題です。

関連記事