【小児科開業】成功する小児科クリニックの共通点

子供を診察する医者と看護士

可愛い子供たちの健康を守り、成長を見守る頼もしい小児科医は、大変でもやりがいのある仕事です。

小児科開業を目標とされ、成功を目指したい方には親としては、頼れる存在であってほしいところです。

では小児科で成功する秘訣とは?その秘訣について見ていきます。

 

子供からも親からも愛される小児科医を目指す

Mother and son are consulting with a clinic

子供というのは、免疫がつくまではとにかく色々な病気にかかりやすく、頼れる小児科医というのは、子育て世代の家族にとっては本当に大切な存在です。

子供にとっては、聴診器をあてられること、お口の中を見られること、場合によっては注射や点滴となることは一種の恐怖体験であるともいえます。

自分の嫌なことをされるとわかっている医者には子供は行きたくなくなってしまうものですが、子供ながらに安心感のある医者なら行く!となるのが子供の特徴とも言えます。

子供の心をつかむには、診察の際に子供目線に立ち優しく対応すること、怖いことをしないという説明をすることで、子供との距離を縮めて信頼関係を築いていく努力をするようにしましょう。

また子供との関係のみならず、親との関係を大切です。

子育てでしかも子供が調子が悪くなっていると、親もとても不安なものです。

きちんと説明をすることや、質問に丁寧に答えること、不安を取り除いてあげるようにすることなど、親にも頼ってもらえる医者を目指すようにしましょう。

 

子供や親に安心感のある設備やサービスを目指す

キッズスペース

小児科の医師の人柄と腕と共に重要視されるのが、小児科の設備とも言えます。

子供が惹かれ、親も安心感のあるような設備であるかどうかという点が重要です。

明るい雰囲気で、心惹かれるおもちゃや本が置かれていることや、また清潔感のある設備は、行きたくなる動機になりますので、工夫するようにしましょう。

診療のあとに小さなご褒美として子供の好きな飴やシールをあげるという、ささやかな心遣いが意外とポイントとなるので、簡単なので是非取り入れるのがおすすめです。

 

また、具合の悪い子供をクリニックに長く滞在させたくないという親も多い為、小児科開業の際には、予約システムを導入しましょう。

いち早く診てもらいたい親からすると、予約システムによって、自分が何番目であと何人待ちか待ちかわかることで、病院滞在時間も短く済み、待ち時間に対してのイライラも減ります。

実際にそれでクレームが減ったという事例も多く聞きます。

他にも小児科では感染力の強い病気も多い為、他の患者さんに移らないよう配慮し、必ず隔離室は準備しましょう。

 

また、予防接種を受ける方向けに、時間帯を別途設ける等の対策を行うのも良いでしょう。

予防接種を受ける親からすると、病気をしている子供がいる中で予防接種を打つことは、他の病気を移されないか心配でたまりません。

そういった、ちょっとした心遣いができると、親子に愛される小児科になるとも言えるでしょう。

 

地域の人に愛される小児科を目指そう

赤ちゃん 健康診断 病院

小児科医は、子供にも大人にも愛される存在である努力が必要です。

その為、他の科よりも大変さもありますが、子供の成長に貢献できるという、他の科にはない喜びもあります。

また、親からも気に入られれば、他の科よりも口コミが広く伝わりやすいとも言えるでしょう。

地域に欠かせない存在(こどものかかりつけ医)を目指せば成功も得られ、開業医としても成功するでしょう。

関連記事