失敗しない分院展開、サテライト展開

Reception with flower in office

医療法人の事業拡張方策として有効な分院展開・サテライト展開。

患者の利便性を高めて集患を高める効果がある一方で、人件費が高くなる、分院長の退職リスクなどの問題も抱えています。

失敗しない為にはどうするべきでしょうか。

 

分院展開・サテライト展開による事業拡張

Wood table top (or counter) on blur background of people in hospital lobby

開業後の経営が安定し、借入金の返済も順調になると、事業拡張のために候補として挙がるのが分院展開・サテライト展開です。

特に駅から遠い立地に開業した場合などでは、駅前のテナントにサテライトクリニックを開設して患者の利便性を高めるとともに集患効果をアップさせる手法が多く採用されており、チェーン展開する医療法人が分院・サテライトの開設で成功を収めているケースもあります。

医局に捉われない働き方が浸透している最近では、サテライトクリニックの分院長として経験を積んだ後に独立開業を目指すドクターも増えており、分院・サテライト展開に対する理解度は急速に深まっていると言えるでしょう。

一方で、分院・サテライトの展開によって失敗するケースもあります。

個人でクリニックを開業することと比較すると、分院・サテライトはドクターの人件費が高くなる上に、分院長やスタッフが集患に対して熱心でないことが多く、思ったように患者数が増えずに費用倒れを起こすことがあります。

また、分院長として経験を積むことで開業への不安が解消され自信につながり、早々に退職して独立開業をしてしまってドクターが足りなくなったため、分院・サテライトの運営自体が不可能となり多額の初期投資が無駄になってしまったケースもあります。

 

失敗しない分院・サテライト展開

Confident doctor at the reception desk

分院・サテライト展開で失敗をしないためには、分院長となるドクターの人選が重要です。

有望株として分院長を任せても、数年で「開業したいので退職したい」と言い出されてしまえば分院・サテライトの運営は一から出直しとなってしまいます。

分院・サテライトの分院長を任せる際には、これまでの経歴をしっかりと確認し、あまりにも勤務変更が多い場合は勤務姿勢に問題があると見て任命を避けるのが無難でしょう。

開業意欲が高いドクターは集患に対しても意欲的な傾向があるので、分院長としては優秀ですが、契約の段階で退職時の条件付けを決めておくべきです。

特に、分院・サテライトの周辺地域で開業しないなどの条件は必須となるでしょう。

分院・サテライトの運営は、コストの大部分を人件費が占めることになり、コストがかかるわりには収益が伴わず、黒字に転じるまでに時間がかかりやすいのが特徴です。

分院・サテライトの経営をできる限り早く黒字に転じさせて成功につなげるには、インセンティブを導入するなど分院長のモチベーションを高めて集患につながる給与形態を設定する、人件費が高額になるためその他のコストを徹底的に削減するなどの対策が必要となるでしょう。

関連記事