MS法人にすることのメリット・デメリット

疑問

MS法人の設立で得ることができるメリットは広く知られていますが、その反対にデメリットはあまり知られていないようです。

メリットとデメリットは表裏一体というような関係にあるため、MS法人の設立を考えている人は、どちらのポイントも押さえておく必要があります。

そこで、MS法人にすることのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

MS法人にすることのメリットとは?

医師 グッドサイン

MS法人には節税メリットの他、病院経営に関するメリットもあります。

どちらのメリットについても確認してみましょう。

 

【節税に関するメリット】

・所得を分散することによって、節税効果に期待できる

・財産の分散が可能なことから、相続税の節税に繋がる

 

【病院経営に関するメリット】

・MS法人の幅広く行える事業と、医療法人の医業を連携させることで、新ジャンルの事業を行うこともできる

・医療行為以外で収益を上げられるため、資金を集めやすくなる

 

このようなメリットを挙げることができます。

節税はもちろん、病院経営でもメリットを感じることができるため、近年MS法人が注目される理由も見えてくるのではないでしょうか。

この他のメリットとして、個人クリニックがMS法人を設立した際、院長がMS法人の役員に就任すると給与所得控除を受けることが可能です。

また、家族をMS法人の役員にすると、より効果的な節税となります。

 

MS法人にすることのデメリットとは?

医者

MS法人は良いことばかりではありません。

冒頭でメリットとデメリットは表裏一体と書きましたが、ここでも当てはまることです。

【MS法人のデメリット】

・法人が増えることで業務が煩雑になってしまう

・MS法人の取引に合理性と妥当性がない場合、税務否認される可能性がある

 

MS法人を設立してもっとも怖いデメリットが“税務否認”されてしまうものです。

租税回避のために収入を分散したと見なされると、取引自体を否認という可能性があります。

このようなデメリットを避けるためにも、専門家を交えて管理することをおすすめします。

 

まとめ

MS法人にすることのメリットとデメリット、いかがでしたか?

メリットは大きいですが、デメリットである“税務否認”は怖いポイントだと感じる人も多いのではないでしょうか。

しかし、適切にMS法人を設立し、困った時には専門家に相談することで、リスクを最小限に留めることができます。

 

 

 

関連記事