業務効率化!メディカルクラークを育てよう

OKサインをするドクターとナース

 

 

医療の現場で働くうえで、より多くの患者さんのことを考えるというのはとても大切です。しかし、それと同時に事務作業もまた必要なことであり、避けては通れない業務の一つになります。

 

メディカルクラークを育てることで、医師としての業務と事務を両立できるようになり、医療現場の業務を効率化することができます。

 

ここでは、メディカルクラークの仕事内容や、育てた方が良い理由についてご紹介します。

 

メディカルクラークはどんな仕事なの?

Female doctor filling up medical form on clipboard closeup.  Physician finishing up examining his patient in hospital and ready to give a prescription to help. Healthcare, insurance and medicine concept.

 

メディカルクラークの主な仕事内容として、以下のものが挙げられます。

 

・診断書や紹介状の内容などの文章作成補助

・投薬や検査のオーダー入力

・電子カルテの記載

・患者さんへの対応

・書類のファイリング

 

このように、メディカルクラークは医師のサポートはもちろん、事務作業まで幅広くこなす仕事内容です。

 

事務作業も医師や看護師が行うというのは難しいケースが多く、ストレスも溜まりやすくなってしまいます。

 

診療する時は患者さんの顔を見て行いたいという場合であっても、カルテの書き込みや書類整理などに注意を向けてしまい、患者さんの顔をあまり見ることができなかったという医師も少なくありません。

 

このような状況が患者さんに伝わってしまうと、診察を受ける側は不安な気持ちになったり、良い印象を持たなくなったりしてしまいます。

 

患者さんの満足度を高めるためにも、業務を効率化するためにも、メディカルクラークの存在は必要不可欠だと言えるでしょう。

 

どうして育てたほうがいいの?

Female doctors and nurses are looking at the screen of a personal computer

 

前述の通り、メディカルクラークは業務効率化のためにも、育てた方が良いとされています。また、メディカルクラークを育てた方が良い理由の一つとして、電子カルテの導入に関する点も挙げることができます。

 

最近では電子カルテの普及が浸透しつつありますが、使用に不慣れな医師がいるということも現実問題としてあるものです。これまでとは違った新しい技術に対応していくこともストレスの種となってしまいます。

 

そこで、メディカルクラークを育て、これまでとこれからの事務作業を一任することができれば、今まで以上に仕事の効率が上昇する他、電子カルテを使用した際のミスを減らすことにも繋がるでしょう。

 

・まとめ

 

今回ご紹介したメディカルクラークは作業の分担化を図れるとても大切なものです。導入するのとしないのとでは、現場の対応も大きく変わってきます。

 

業務の効率化のため、そして患者さんの為にも、メディカルクラークを育てるということは重要なことになるでしょう。

 

関連記事