【心療内科開業】開業にかかる費用や準備とは

医療・ドナーイメージ

メンタルからくる不調の病気は、患者数が年々増えていることもあり、心療内科の必要性も今後増していくと考えられます。

ここでは、心療内科開業にはどのくらいの費用が掛かり、どのような準備が必要なのか見ていきます。

 

心療内科開業に必要な費用

計算機

心療内科開業に必要な費用としては、心療内科の診察には大掛かりな設備を必要としないことから、他の科に比べて設備投資が少なくて済みます。

クリニックの場所を、土地プラス建物、あるいはテナントを借りる方法で準備することは、他の科同様に必要なのですが、心療内科では設備が電子カルテ、レジスター、コピー複合機、診察用のベッド、椅子、ドクター用の机、椅子、待合室のソファなどと最低限必要なものでも診療が可能なので、400万円ほどの設備費用でも開業ができます。

それに対して他の科目は内科や整形外科だとレントゲン、眼科や皮膚科だと顕微鏡類が必要になり、金額にすると1000万円や2000万円相当の設備投資がかかる場合もあるので、心療内科開業の設備投資はかなりリーズナブルに済むと考えられます。

 

心療内科開業に必要な準備

Internal medicine doctor

一方で、心療内科開業に必要な準備は、自分のクリニック内だけで済むとは限りません。

診察を受けた方には処方箋をお出しすることがほとんどですので、まずは自分のクリニックを中心にして、半径100m圏内に連携をして頂ける調剤薬局を持つことが必要です。

心療内科にかかっていることは、あまり他人に知られたくない場合がほとんどですので、クリニック名などを公にならないようにお薬を渡してもらう配慮をしていただく連携も必要です。

また、一人で多岐にわたる患者さんを診察していくことも現実的には厳しいので、臨床心理士や精神保健福祉士と連携をとり、紹介し合える関係を築いておくことも、準備段階から必要です。

 

おわりに

心療内科開業に必要な費用は、他の科に比べて比較的安く済むので楽なのですが、その代わり心療内科特有の準備が必要になってくるので、普段から心掛けるようにしていきましょう。

関連記事