【クリニック開業】損益分岐点の考え方

ビジネスイメージ

個人事業主であるクリニックのドクターは、経営についてもしっかりと学習し、理解する必要があります。

そこで、これから開業を目指すドクターに知っておいて頂きたいのが『損益分岐点』という用語です。

これまでにも耳にしたことがあったり、意味をぼんやりと理解していた方も多いと思うので、ここでしっかりと学習しておきましょう。

 

経営における『損益分岐点』とは?

損益分岐点

経理の基本は「利益を計算すること」です。

その会社がいくら儲かっているのか、いくら不足が発生しているのかを数字として明らかにするのが経理の目的なのです。

では利益とは何か?

利益とは売上げから必要経費を差し引いた金額のことで、利益がプラスに転じていれば黒字、マイナスに転じていれば赤字となります。

そして、売上げ−必要経費が『0』になった状態、つまり得はしていないが損もしていないというポイントが『損益分岐点』です。

これは損益分岐点の最もシンプルな考え方ですが、もっと詳しく損益分岐点を算出するには『経費』について詳しく分類する必要があります。

損益分岐点を算出するための経費は『固定費』と『変動費』に分類されます。

固定費とは、売上げの多寡に関わらず常に一定の支払いが発生する経費のことで、例えば事業所の家賃・所有地や物件の固定資産税・管理部門の人員にかかる人件費などが該当します。

一方の変動費とは、売上げや運営体制に応じて支払額が変動する経費のことで、仕入れ・光熱費などが該当します。

固定費と変動費の分類ができれば、固定費÷{1−(変動費÷売上高)}という計算式で詳しい損益分岐点を算出することができます。

 

クリニックにおける損益分岐点の考え方

おすすめ・ビジネスウーマン

クリニック経営の損益分岐点を算出することができれば、ドクターが経営を進めていくために必要な情報を入手するガイドとなります。

まず、損益分岐点を算出すれば、おのずと見えてくるのが「経費の圧縮」です。

固定費を圧縮するためには、スタッフの削減や給料カットのような士気低下を招く措置は避けて、物件の賃料値下げの交渉等をおこなうのがベターです。

変動費の圧縮には、一括購入などで医薬品の単価を下げたり、少しでもリーズナブルに委託できる外注先を探すなどの措置が有効です。

経費を圧縮すれば、損益分岐点は目に見えて下がるでしょう。

また、損益分岐点は「1日に最低何人の患者を診る必要があるのか?」を知るための基礎数値となります。

1日に必要な患者数は、損益分岐点÷患者1人あたりの単価÷診療日数で算出できるので、分母となる損益分岐点を可能な限り下げることに成功していれば、患者1人あたりの単価を増やすか、診療日数を増やすかのどちらかを選択することになります。

自由診療の積極的な導入とPRで単価アップを狙ったり、休日や時間外の診療などで診療日数を増やせば、1日に必要な患者数を下げることができるでしょう。

クリニック経営における損益分岐点は、これからドクターが「どこに力を入れていくのか?何を頑張れば良いのか?」の道標となります。

独立開業を目指すドクターは、損益分岐点がクリニック経営の成功において非常に重要な位置付けにあることをしっかりと認識しておきましょう。

関連記事