医療スタッフ採用 経験者採用時の注意点

医療・ドナーイメージ

クリニックを開業したら、一緒に働いてくれるスタッフを募集しなければなりません。

自分一人だけだと、事務や受付に回ることが困難ですし、一人で患者さんの対応をするのも難しいからです。

また、経験者を採用したいと考えている方も、ちょっとした注意点があります。

今回はスタッフ採用時の注意点をお伝えしていきます。

医療スタッフを採用するときに見るべき点

Smiling young nurse

 

クリニックだろうと、一般的な面接と変わらないのでは?と思う方もいるかもしれません。

ですが、他の職種と違い、医療という繊細な職業ならではの注意点があります。

 

・清潔感

清潔感はクリニックでの採用に関して一番重要です。

クリニックに清潔感のないスタッフがいたらどうでしょう?

病気がよくなるどころか、逆に悪くなってしまいそうな気分になるのではないでしょうか。

女性ならきちんと髪の毛をまとめているか、爪は伸びていないか、男性ならひげをしっかり剃っているか?など、身だしなみ等見るべき項目を挙げておくのがいいでしょう。

・笑顔

クリニックで患者さんが最初に顔を合わすのは医師ではなくスタッフです。

クリニックの顔とも言えるでしょう。

笑顔のないスタッフがクリニックにいたら、患者さんの気分もどんよりとしてしまいますよね。

また、笑顔が少ないと、患者さんに不安な気持ちにさせてしまうキッカケになってしまうかもしれません。

無表情のスタッフより、断然、笑顔でにこにこしているスタッフを採用したほうが良いでしょう。

クリニックの雰囲気も明るくなり、患者さんからの評判も上がるかもしれません。

 

経験者採用時の注意点とは?

 

 

医療

経験者を採用したいと思っている場合、注意点があります。

それは、いくら経験者で仕事が完璧にこなせるとしても、性格がきつかったり、協調性がなかったりする人の採用は熟慮したほうがいいということです。

仕事を完璧にこなせるからこそ、他のスタッフのダメな点が目につき、些細なことでも叱責するなどの対応をしてしまうという場合もありえます。

このような対応が続いてしまうと、クリニックの人間関係がギクシャクしたり、仕事の生産性が下がったりなど、全体的に雰囲気が悪くなってしまうでしょう。 

また、他の医院でのやり方を変えられない方なども避けたほうがよさそうです。

クリニックの理念等をしっかり理解してもらい、自発的にそして柔軟に動けるような方を採用しましょう。

経験者であっても周りとしっかり協力できそうな人や、性格が穏やかな人柄を重視して採用するのがおすすめです。

 

採用は人柄重視の方向がいいかも?

車椅子の女性患者に微笑みかける男性看護師

 

医療スタッフを採用するのであれば、清潔感はもちろんのこと、笑顔だったり性格だったりなど、人柄を重視した採用を心がけたほうがいいかもしれません。

患者さんは病気を患ってあなたのクリニックを訪れます。

スタッフみんなの温かい心や笑顔で、精神的にも支えてあげられるクリニックを目指しましょう。

関連記事