【耳鼻咽喉科開業】実際にかかる開業費用はどれ位?

計算機

クリニックを開業する際にかかる資金は、同じ耳鼻咽喉科でもどんな病院にするのか、によって異なります。

そのため資金を調達する前に、開業したいクリニック像をしっかり考えておくのがおすすめです。

今回は耳鼻咽喉科のだいたいの必要資金について、お話ししたいと思います。

 

開業時に必要な資金内訳

ポイント

クリニックを開業する際には、多額の開業資金が必要になるため、院長先生の多くが長期間にわたるローンを組みます。

一般的には、下記のような費用がかかります。

 

・土地・建物 

クリニックの土地や建物、またビルの中に置く場合は賃貸物件など

・医療機器

電子カルテ・レセコン・耳鼻科診療ユニット・X線撮影機器・専用内視鏡など

・医師会入会費

医師会は入会してもしなくてもOK。

お金がかかりますが、医師賠償責任保険などの,入会するメリットも多くあります。

・消耗品

机やいす、待合室に必要なテレビなど

・広告宣伝

ホームページ開設やチラシなど

・運転資金

売り上げが少ない月でも人件費などを賄えるように。

最低6ヶ月分の費用を準備しておくと安心です。

 

以上が開業の際に用意しておきたい資金の項目です。

 

開業時にかかる費用とは

街並みと医療

・土地建物

クリニックの規模は30~40坪が目安です。

耳鼻咽喉科は患者数が多いとされているので、待合室を広めに取ったりスムーズに診察できるような内装作りが大切です。

大体3000万円~くらいが必要になります。

 

・医療機器

最低限必要な機器をそろえても2000万円~くらいが必要になります。

また、上記で出てきたように込み合うことが多い科なので、予約システムを導入するなど工夫をした場合、より多くの資金が必要になります。

その他は、医師会に入会する場合、およそ200万円が必要になります。(各医師会によって差があります)

またホームページやチラシ、そして看板など、様々な宣伝方法を活用する場合は300万円くらいで、消耗品は200万円くらいが目安となります。

 

最後に多めに借りておきたいのが運転資金です。

皆さんご存知の通り、医療費はほとんど保険が適用されるため、即時に手元に入ってくるお金は2~3割程度です。

その差額分の保険収入が入ってくるのは2か月後となっているので、始めの2カ月は2~3割の収入でしのがなければいけません。

そうなると人件費などを支払うのがとても大変になります。

また、クリニックができたことを広く認知されるまでは、患者数もまだまだ少ないはずです。

資金が足りずにクリニック運営が難しくならないように、運転資金はなるべく多めに借りておくのがベストです。

 

失敗しない資金調達を

このように、開業資金にはこれだけのお金がかかります。

資金調達をする際は借入額の5%~10%の自己資金があると良いとされています。

開業をお考えの方は、余裕のある資金調達を。

関連記事