医療機関のユニフォームには「ネイビー」が良い!?

Pretty Nurse

医療機関のユニフォームの定番は、清潔感のある「白」であることが当たり前だったのですが、昨今そのカラーに変化が見られます。

ドラマ「コードブルー」のカッコいいドクターたちのブレイクの影響もあり、「ネイビー」のユニフォームに注目が集まっています。

なぜ「ネイビー」が注目されているのか、その理由を探ってみましょう。

 

「ネイビー」のユニフォームが患者に与える印象

青色の布 背景素材

ネイビーの色が人に与える印象はとても良いのです。

例えば、「清潔感」、「誠実」、「安心感」などの印象を与えると言われています。

学生の制服もネイビー色がとても多いことからも信憑性が高いことがうかがえます。

ネイビーは気持ちを落ち着かせ、リラックスさせる効果もあると言われています。

その為、医療関係者がネイビーのユニフォームを着ることで、他の色と比べて、医師や看護師が誠実に見えたり、安心感をもってもらえる為、患者さんからも好印象を持ってもらいやすいでしょう。

また、ネイビーはブラック同様に暗めの色なので清潔感はないのではと思われがちですが、実は白と同様の清潔感があるように見えるのも大きな特徴です。

 

「ネイビー」のユニフォームが医療スタッフに及ぼす影響

ambulance doctor / medical clinic, doctors in medical uniform, emergency medical assistance

色の効果は、患者さんだけではなく、着ている本人にも思いの外、影響のあるものです。

ネイビーの色は集中力や冷静さを高める効果があるので、ミスが許されない医療の現場にとってありがたい、高い集中力や、冷静さを保つ効果が期待できます。

またネイビーには体型を目立たせずに、引き締めて見せてくれるという嬉しい効果があります。

特に女性スタッフにとっては、引き締めてみえることはとてもうれしいことですし、白と違い、透けない色であることはプラスになるでしょう。

 

 

おわりに

ネイビーのユニフォームには、患者さんはもちろん、医療スタッフにも効果があることがわかりました。

クリニックの開業でユニフォームを検討しているなら、ぜひネイビーのユニフォームを導入してみてはいかがでしょうか。

関連記事