2階以上のテナントで開業なら…窓看板は必須!?

大泉学園

街を歩いていると意外と目に入ってくるのが、ビルの窓に書かれた窓看板です。

二階以上のビルにテナントとしてクリニックを開業をする場合には、窓看板は必須だといいます。

その理由について考えてみましょう。

 

宣伝効果が高い

img-building-3s

ビルにテナントとして開業をする場合、ビルの角に看板をつける、ビルの一階の入り口に立て看板を置くという方法がまず考えられます。

しかしそのどちらも場所の目印にはなりますが、それほど大きさのある物は望めません。

それに比べて窓看板は、窓の大きさや数の分だけ、想像以上に大きな範囲での宣伝をすることができます。

途中壁があったとしても、隣りの窓とつながるようにうまく利用することで、大きな広告を打ち出すことが可能となります。

スペースが広い分少し凝ったデザインにする事や、クリニックのイメージに合ったものにすることも可能です。

効果的に集客するためのツールとして使いこなすこともできます。

更に、夜は室内の明かりでライトアップされるので窓看板を目立たせることが自然にできます。

また、電車等から見える位置に窓がある場合にも効果が期待できますので、取り入れると良いでしょう。

 

費用がリーズナブル

女医・電卓

窓看板を必須だと考えるのには、何かと費用が掛かりがちな宣伝費を、窓看板ならリーズナブルに抑えられる点にもあります。

窓に張って目立つものであれば、看板として成り立つので、紙に印刷してラミネート加工したものでも看板にできるので、自分でも作ることができます。

さらに作りやすい分、効果に合わせて交換することもできます

自分のクリニックに設置するものなので、チラシを出したり、駅に看板を置くのと違い広告費がかからないので、開業間もない頃などは特に助かるのが窓広告だと言えます。

 

おわりに

スペースが広く取れて宣伝がしやすいうえに、費用がリーズナブルな窓広告は特に二階以上のテナントには必須といえるでしょう。

テナントによっては、窓看板がNGのテナントもあります。

テナントを探す際には、窓広告が自由にできるかもチェック項目に加えて、成功の鍵の一つとして利用しましょう。

 

関連記事