【眼科開業】内装の成功ポイントをご紹介

Ophthalmologist with modern equipment in clinic

眼科は、専門性が高く、検査機器等多数の医療機器が必要になります。

医療機器の導入を考える上で、患者さんが混雑しないように、案内しやすいような導線作り等をあらかじめ計画をしておかなければいけません。

ここでは、内装の成功ポイントについてまとめてみました。

 

設計時に気をつけるポイント

young asian doctor on white background

眼科クリニックの設計は、医療機器が多いためとても複雑化していると言われています。

設計時に気をつけるべきポイント1つは、患者、スタッフそれぞれが行き来しやすい導線を考えること。

2つ目にはLAN配線や電源の位置、そして検査機器のレイアウトを何度も確認します。

3つ目に高齢者や小さいお子さん、そして視覚障害や車いすがある患者も訪れますから、バリアフリーや通路のスペースも考えましょう。

 

最後に再診ではない患者だと眼科は時間がかかってしまうことが多いので、テレビや雑誌があるのはもちろんですが、キッズスペースやトイレにおむつ替えのスペース、車いすの患者も入れるトイレなども考えておくと良いでしょう。

 

医院スペースと動線

Clinic waiting room

ごちゃごちゃさせない医院スペース、そして患者動線、スタッフ動線を考えましょう。

眼科は他の科と比べて見てもクリニック内での動きが複雑化しています。

診察だけではなく視力検査、暗室内検査もありますし、白内障の手術を行うのであれば手術室、リカバリールーム、手術前室など日帰りで行えるとしてもさらにスペースが必要で複雑になります。

医師が一人で対応するのか、それとも複数医師と手術と診療を同時進行で行うのかによっても、レイアウトは変わります。

診療の場合は、患者の検査から診療までの流れを確認した上での動線作り、手術の場合の動線作りと分けて考えると良いでしょう。

また手術室を作る場合は、クリーンルーム化が必須です。

メンテナンスも簡単に行える環境作りも必要と言えるでしょう。

患者さんが動きやすくごちゃごちゃしないスペース、そしてスペースに余裕があるのであれば、患者やスタッフの移動が同じ場所にならないように考えましょう。

例えば検査室や診察室等部屋で区切り、患者は廊下側から入るようにする、スタッフは裏側の部屋内で移動ができるようにする等工夫すると、スッキリ見える上に、患者も広々と移動できるため安心でしょう。

 

まとめ

眼科は医療機器が多く、どうしても複雑化した間取りで設計はよく考えなければいけません。

また訪れる患者の年齢も幅広く、視覚障害や車いすの患者も訪れますから公共施設のようなクリニックを意識し、患者動線とスタッフ動線を意識してそれぞれが動きやすく快適な内装を考えましょう。

 

関連記事