【眼科開業】実際にかかる開業費用はどれ位?

住宅設計のイメージ

眼科クリニックの開業資金はどのくらいかかるのでしょうか。

本格的に開業したいと考えたとき、一番の問題は開業費用です。

もちろん、眼科の開業費用は開業場所や広さ、導入する医療機器を購入したりリースしたりと、どのクリニックも開業にかかる金額は違いますが参考までに開業費用について見ていきましょう。

 

コストがかかる医療機器

Eye surgery. A patient and surgeon in the operating room during ophthalmic surgery. Vision correction

眼科の開業は土地・建物約3,000万円~、医療機器約6,000万円以内と言われています。

 

金額だけ見てみると結構な金額でビックリしますよね。

そしてこの金額を見ると医療機器に一番お金がかかることがわかります。

その為、本当にその医療機器を必要とするのか見極める為に、眼科開業を考えるならまず「治療の範囲」を考えましょう。

例えば、白内障の患者を受け入れるなら医療機器だけで約2,000万円かかりますし、手術室やリカバリールーム等部屋数も増えますので建物の予算も上がります。

レーザーの機器を検討しているなら、さらに50坪前後必要とも言われています。

医療機器はとても高額なので購入以外にもリースする方法もあります。

また、最新機器を導入する必要が本当にあるのか否か、中古の医療機器でも問題ないものはないか等を見極めることで医療機器の費用は抑えることも可能です。

白内障手術やレーシック治療を行いたい場合、必ず開業しようと検討している場所周辺の眼科をリサーチを忘れずに行いましょう。

近隣に白内障手術やレーシックを行う有名なクリニックがある場合、患者が想定より集まらないことで、医療機器の費用で経営を圧迫してしまうことも少なくありません。

そのあたりも含めて本当にペイできるかどうかを検討した上で医療機器は揃えましょう。

 

 

クリニックの特色をだせ

Portrait of female ophthalmologist in clinic

眼科クリニックを成功させるにはクリニックの特色を出すことがとても重要です。

どんな患者をターゲットにするのか、どのような眼科なら患者が来院しやすいのかを考えるのがおすすめです。

また、先生の強みを生かし開業前に、ターゲットに向けた内覧会やチラシを配ったりして治療の重要性や治療内容などのパンフレットを用意しておくと開業時からスムーズに患者が訪れる傾向があります。

周辺に眼科クリニックがあまりないと言う理由だけで開業するよりも、どんな患者をターゲットにして、どんな治療が行えるのか、そしてクリニックの特色をだし、ターゲットが通いたいと思えるようにしましょう。

 

まとめ

眼科クリニックは他の科と比べて医療機器がとても高額になります。

まずは何処までの治療をするのかを決めてから開業資金を考えましょう。

また自己資金はもちろん開業時に必要になってきますが、開業後の初めの回転資金や自身の生活を考えてある程度は残すことも考えましょう。

関連記事