開業医の初期段階はまずはHPを対策しよう

8b5c6a43c12ceeea8b4844a8fe15efc8_m

昨今、30代の半数の人が病院を選ぶときの情報は、ホームページを参考にすると答える時代です。

全体でも家族や知人、かかりつけ医師の紹介に次いでホームページを参考にする人が増えています。

今やホームページの開設は、クリニックを開業するために必須とも言えるでしょう。

そこで今回は、ホームページの対策についてご紹介いたします。

 

病院の情報源は、手軽なウェブが活用されています。

 

23e84a79cf02784fc215719b4b1b6577_m

実際に病院へ行くとき、どのような情報を参考にしているか?

  • 家族や知人の評判
  • かかりつけ医師の紹介
  • 病院のホームページ

ウェブからの情報源は、いつでもどこでも簡単に調べられるというメリットがあり活用する人が多いようです。

人に聞く手間より通勤時間やお昼休みを利用してスマホで調べる手軽さが選ばれるポイントのようです。

まず、ホームページの対策として、スマホで見たときに見やすいデザインであることが重要です。

 

病院を決めるポイントは?

c2207037a011e694663395652d71b653_m

病院を決めるときのポイントはどこでしょうか?

  • 自宅や職場から近くアクセスの良さ
  • 医師やスタッフの説明が丁寧で親切
  • 実績や評判の良さ

最近では、病院の立地よりも中身を重視する人が増えています。

特に医師やスタッフの丁寧な対応は、評判の良さにもつながります。

ホームページの対策として病院の専門性や雰囲気の良さ、丁寧な対応を心がけているなど良いところをしっかりアピールすれば来院する後押しになるかもしれません。

 

ホームページの内容について

52dd52358be4f64308602cc77f3b749d_m

病院のホームページは、病院名、診療科目、住所、連絡先、医師のプロフィール、どんな病院かなど基本的な情報があればデザイン性はさほど重要ではないと言われています。

それよりも更新頻度が高い方が優先のようです。

ですから自分たちで更新ができるホームページの内容にするのがポイントです。

また最近では、ホームページに開業時から予約や順番待ちシステムを導入する病院も増えています。

見込み来院数がわからない、コストがかかるなどのデメリットはありますが、途中からシステムを入れる手間やトラブルを考えると開業時から取り入れた方が良いかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ホームページの対策についてご紹介しました。

今や病院のホームページは、あって当たり前の時代とも言えます。開

業を決めた段階で着手をして、開業時には見られる状態に進めましょう。

関連記事