競合クリニックの近くに開業する際のポイント

0f6bd666f9f8f265edd8649d4ab3e06c_m

少しでも見込み患者の多い場所で開業したい。ですが、そこには競合するクリニックもあり悩むという医師も多いようです。そこで今回は、競合クリニックの近くに開業する際のポイントをご紹介します。

 

ポイントその1.調査・分析をする。

2631b4d604706ef75dedec1d3721a7a0_m

まずは、競合クリニックの場所や数はもちろん競合クリニックの強みやどのようなマーケティング活動をしているか、院長の年齢はいくつかなど細かく調査・分析することが必要です。

そこで大切なのは、競合クリニックの弱みを把握することです。

たとえば、競合クリニックに「問診の時間が短い」という要望の声を聞いた場合は、「丁寧な対応とサポートを心がけています。」などアピールをすると患者さんが興味を持つ可能性が高いです。

また将来、新しい路線ができるか、新しい商業施設ができるかなど見込み患者の増える可能性も一緒に検討したいです。

 

ポイントその2.診療を差別化する。

46ddd9ebab4f81efa18ac73dc48fa7f4_m

競合クリニックと差別化をするには、自身の強み、クリニックの強みをしっかり把握することも大切です。

たとえば、得意な技術や高品質なものなど患者さんの目線に立って考える必要があります。

クリニックの強みが競合クリニックと違えば見込み患者さんがかぶることがなくなり安定した経営も可能です。

また、クリニックのポジションを明確にすることで知ってもらいたい、来院してほしい見込み患者さんへ情報を送れてアピールが効率的にできます。

 

ポイントその3.PRを強化する。

3343f695c8a12a6e6c3227cf1427f610_m

強みやメリットなどクリニックをアピールすることが明確になったらしっかり伝える場所を作りましょう。

たとえば、20代〜40代くらいの人に知ってほしいと思ったらホームページを活用しましょう。

それもスマホで見たときに見やすいのがポイントです。

また、60代以上の高齢者に知ってほしい場合は、地域の情報誌やチラシを活用しましょう。

クリニックの見込み患者さんの年齢やライフスタイルに合わせてPR方法を変えると効率的にPR活動ができ業務効率も上がります。

開業前からしっかりPR活動をして競合クリニックよりも認知度を上げるように心掛けたいです。

開業準備中は、外へ出る時間が比較的自由に取れます。この時間を利用してPR活動をしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

競合クリニックの近くでの開業は、できれば避けたいですがもし、開業することになっても事前の対策で乗り切りましょう。

関連記事